全日本第6戦モントレー:最終SSで逆転の福永修がシーズン3連勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本第6戦モントレー:最終SSで逆転の福永修がシーズン3連勝

©Naoki Kobayashi

2021年シーズンの全日本ラリー選手権第6戦「MONTRE 2021」最終日が、6月13日(日曜日)に2カ所のスペシャルステージを舞台に開催された。初日4番手だった福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビアR5)が、柳澤宏至/保井隆宏(シュコダ)に5.5秒差をつけて、シーズン3連勝を飾った。30.4秒差の3位には、鎌田卓麻/松本優一(スバル WRX STI)が入っている。

19.75kmのステージを午前と午後でリピートする最終日。首位の柳澤から8.6秒差の4番手で初日を終えた福永は、SS2で鎌田に3.2秒差、柳澤に5.5秒差のベストタイムを記録し、一気に2番手に浮上する。続くSS3では、終盤にスピンを喫した柳澤に8.6秒差の連続ベストをたたき出し、最終ステージで逆転。唐津から続く連勝記録を3に伸ばしている。

「3連勝は自分としても、すごく良い流れになっていると思います。ただ、柳澤選手は前日の段階から今日の雨を想定してリヤタイヤにセミカットを入れるなど、チームとしての経験値の高さを感じました。最後にスピンがなければ、分からなかったと思います。次からはグラベルラリーが続きますし、流れが変わらないように、気を引き締めて戦います」と、福永は3連勝にも浮かれた様子はない。

最終ステージで痛恨のスピンを喫してしまい優勝に手が届かなかった柳澤は「残念無念です。SS2で福永選手にかなり詰められてしまったので、SS3は相当プッシュしました。雨も降ってきて、攻めた結果なので仕方ないのですが、自分のミスでスピンをしてしまったのは悔しいです」と、悔しさをのぞかせた。

SS2で2番手タイムを刻んだ鎌田は、GRヤリス勢の勝田と奴田原を捉えて5番手から3番手へと浮上。SS3でも順位を守り、シーズン初の表彰台を獲得した鎌田は「昨日は残念でしたが、今日は3位に上がることができ良かったです。昨日もトラブルがなければ速いことが分かっていたので、今日はブレーキなどにトラブルが出ないよう、注意しながら走りました」と、喜びを語った。

31.3秒差の4位は勝田範彦/木村裕介(トヨタGRヤリス)、40.3秒差の5位には奴田原文雄/東駿吾(トヨタGRヤリス)が入った。また、併催イベントとして開催された国際格式の日本スーパーラリーシリーズ(JRS)は、トヨタC-HRを初めてドライブした青山康/加勢直毅がトップフィニッシュを果たしている。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!