トク・スポーツがERCでクリオ・ラリー5のワンメイクトロフィーを実施 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トク・スポーツがERCでクリオ・ラリー5のワンメイクトロフィーを実施

©FIA ERC

トルコを拠点とするトク・スポーツWRTが、2021年のERCにイコールスペックのマシンを一括管理して運営する方式のクリオ・トロフィーを展開することを発表した。このプログラムはルノー・スポール・レーシングと合同で構想したもので、使用するマシンはルノー・クリオ・ラリー5にミシュランタイヤを履き、ERCのうち5戦を対象とする。数々の賞典も用意される。

トク・スポーツWRTは、現在WRC2とERCに参戦するアンドレアス・ミケルセンを走らせるチーム。このクリオ・トロフィーでは、すべて同じ仕様で即参戦可能なクリオ・ラリー5を対象イベントに持ち込む。ラリー会場では、これらのマシンはサービスパークの専用エリアで管理され、プリペアやメンテナンスはトク・スポーツWRTのスタッフが行う。各戦、クリオ・ラリー5には1台ずつ、燃料と12本のミシュランタイヤが用意される。参加希望ドライバーはクリオ・トロフィーの登録開始時に参加を申請し、受理されればERC3(2WDマシン対象部門)への登録も義務づけられる。一方で、参加の幅を広げるため、年齢制限は設けられていない。

全5戦の参戦費用は合計8万5000ユーロ(約1080万円)。各ラウンドのトップ4に賞金(4000〜500ユーロ=約50万〜6万3000円)が贈られるほか、シーズン終了後にはチャンピオンに対して2022年のERCにルノー・クリオ・ラリー4で3戦に参戦できる特典も与えられる。ポイントは各戦上位10名までに与えられ、シーズン最初の4戦に参戦した全ドライバーは、最終戦はダブルポイントで計算される。

イベント中もシリーズドライバーにはサポートが行われ、ラリー現場ではホスピタリティが用意されているほか、各路面のシーズン初戦前には、グラベル、ターマック、それぞれ100kmのテストが行われる。また、各ドライバー、コ・ドライバーにはOMP製のレーシングスーツが与えられるほか、メディア露出の機会とメディアトレーニングも行われる。

FIA ERC

ルノー・スポール・レーシングのカスタマーレーシングディレクター、ブノワ・ノジェは「世界のラリーでの経験が豊富なトク・スポーツWRTとの協力により新しいトロフィーを創設できることをうれしく思う」とコメント。
「トク・スポーツWRTは、ERCで初めてクリオ・ラリー5を走らせたチームで、両路面のイベントを混ぜること、ヨーロッパ選手権レベルで単独運営によるトロフィーを展開すること、各国のクリオ・トロフィーを補完することなどのアイデアは、自分に合った選手権を探しているドライバーにとって、公平な環境かつ手頃な参戦費用でのシリーズを提供するためのもの。2022年のERCにクリオ・ラリー4で参戦する特典も、我々のトロフィーから輩出した新しい逸材をプロモートするという意図もある。多くのコンペティターが、2021年の参戦計画としてこのトロフィーに魅力を感じてくれると自信を持っている」

Toksport WRTのディレクター、セルカン・デュールは「2020年から始まったルノー・スポールとの協力を継続し、2021年はクリオ・トロフィーbyトク・スポーツWRT を運営することになった」とコメント。
「すでにその強さを証明しているイコールスペックのルノー・クリオが、ドライバーにハイレベルの競技とドライビングの喜びを与えてくれることを願っている。このクリオ・トロフィーbyトク・スポーツWRTは、ドライバーにとって、ERCに参戦すると同時に、素晴らしい戦いを経験できるという、ふたつの機会を与えることになる」

ルノー・クリオ・ラリー5は、2020年のWRCラリーモンテカルロで、フローリアン・ベルナルディがコースカーとしてドライブ。3月のWRCメキシコで実戦デビューを果たしており、2020年の秋には多くの国でトロフィーが始まっている。9月に行われたフランスのクリオ・トロフィーには30クルー以上の参戦を集めた。11月のERCラリーハンガリーでは、オーラ・ノーレとレイチェル・ソマスキーニがトク・スポーツWRTからクリオ・ラリー5で参戦し、ERCのデビュー戦を担った。この時はノーレがERC3ジュニアのポディウムに上がっている。今年のWRCモンテカルロでも、RC5クラスでは強さを誇った。
このクリオ・ラリー5は、アーク溶接のスチールモノコックボディに、180馬力を発生する4気筒16バルブ1330ccターボエンジンを搭載、サデフ製5速シーケンシャルギヤボックスを装着する。

クリオ・トロフィーbyトク・スポーツWRTの問い合わせは下記まで
cliotrophy@toksport.com

2021年クリオ・トロフィーbyトク・スポーツWRTカレンダー
第1戦 アゾレスラリー(グラベル) 5月6〜8日
第2戦 ラリーポーランド(グラベル) 6月18〜20日
第3戦 ラリーディローマ・キャピターレ(ターマック) 7月23〜25日
第4戦 チェコラリー・ズリン(ターマック) 8月27〜29日
第5戦 ラリーハンガリー (ターマック) 10月22〜24日

*FIAモータースポーツカウンシルの承認待ち

FIA ERC



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!