新城ラリー、2021年大会の無観客開催を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

新城ラリー、2021年大会の無観客開催を発表

©Naoki Kobayashi

1月18日、新城ラリーの主催者は公式ウェブサイトを更新し、3月20〜21日に愛知県新城市で開催を予定していた全日本ラリー選手権第2戦を無観客で競技を開催することを明らかにした。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、関係者の安全確保を最優先とし、無観客での競技開催を決めた。これにより3月19日のセレモニアルスタートも含め、サービスパーク、スペシャルステージでの見学はすべて中止。また、リエゾンでのラリーカー見学および撮影も控えるよう呼びかけがなされている。

以下主催者サイトより


県営新城総合公園及び鬼久保ふれあい広場で開催の全日本ラリー選手権 第2戦「新城ラリー2021」は、3月20日(土)、21日(日)の両日とも無観客で競技を実施します。

この度の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、主催団体により競技の開催について協議を行い、来場者、選手、ボランティアのみなさまの安全確保を最優先し、本大会は無観客で競技を開催することになりました。

上記の決定により、3月19日(金)に予定していたセレモニアルスタート並びに3月20日(土)、21日(日)の県営新城総合公園および鬼久保ふれあい広場の企業出展及び飲食出店等の催しは全て中止します。

また、県営新城総合公園内でのSS(スペシャルステージ)は中止し、臨時駐車場の設置、会場へのシャトルバスの運行も行いません。

なお、愛知県でも緊急事態宣言が発出され、感染症対策をより一層徹底する必要があるため、3月20日(土)、21日(日)は大会関係者以外の方の県営新城総合公園内への進入はできません。

また、沿道でのラリー車の見学及び撮影はお控えくださるようお願い申し上げます。

今後も事態の推移に伴い、新城ラリー公式ウェブサイト(http://www.shinshiro-rally.jp)などで情報発信を行います。

「新城ラリー2021」開催内容変更について(公式ウェブサイト)
http://www.shinshiro-rally.jp/blog/2021-01-18.html

ラリプラメンバーズ2021