第10戦オーストラリア:SS2を終えオジエがトップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

第10戦オーストラリア:SS2を終えオジエがトップ

 

 WRC第10戦オーストラリアが東海岸のコフスハーバーでスタートした。この日は3.7kmのスーパーSS2本のみ。シトロエンのセバスチャン・ローブとセバスチャン・オジエが1本ずつ獲りあうかたちとなり、オジエがラリーをリードしている。

 2番手には0.6秒差でローブ。フォードのヤリ‐マティ・ラトバラとミッコ・ヒルボネンが続き、ペター・ソルベルグ(シトロエン)とヘニング・ソルベルグ(フォード)がそれを追う展開だ。首位オジエからヘニングまでは9.8秒。

 本格的なラリーは明日の10時03分(日本時間9時03分)からスタートする。出走順はランキングに準ずるため、ローブ、オジエ、ヒルボネン、ラトバラ、P.ソルベルグという順に走行する。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS