マイケル・ヤングがAPRCオタゴの参戦を断念 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

マイケル・ヤングがAPRCオタゴの参戦を断念

©Mike Young Motorsport

APRC第2戦として4月3−5日にニュージーランドで開催が予定されているオタゴラリー(ニュージーランド国内ラリー選手権との併催)に、マツダ2 AP4で参戦を予定していたマイケル・ヤングが、参戦を断念することを表明した。

ニュージーランド出身で、現在はオーストラリアのパースに在住するヤング。ニュージーランドでは現在、入国者に14日間の自主隔離を義務づけていることから、オタゴラリーに参戦するために予定を先倒ししてニュージーランドに入ることを予定していたが、その直後にオーストラリアでも同じ政策を発表。合計で4週間の自主隔離が必要となることから、参戦断念を決めた。

ヤングは、オタゴラリー参戦に使用する予定だったタイヤと予算で、今後、ニュージーランドラリー選手権戦に参戦できる余裕があることから、状況が好転した際にはプランを立てたいとしている。

RALLY CARS