Team-KIT、2020年モータースポーツ体制を明らかに – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Team-KIT、2020年モータースポーツ体制を明らかに

©TOYOTA

Team-KITは2020年のモータースポーツ活動について発表、全日本ダートトライアル選手権とTOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジのふたつを主軸に活動を行っていく。

代表を務める小関高幸自らが参戦するのは、全日本ダートトライアル選手権のPN3クラス。全日本チャンピオンを2度獲得している佐藤秀昭とともに、スバルBRZを駆る。当初は2台体制での参戦も検討したが、総合的な判断としてダブルエントリーを選択したという。

KIT SERVICE

TGRラリーチャレンジは、濱元望美/大坂礼子のふたりの女性クルーがトヨタ・アクアで参戦。ドライバー濱元は昨年に引き続き2年目の挑戦、さらなる成績向上を目指す。コ・ドライバーの大坂はラリー初挑戦となる。ふたりはTGRラリーチャレンジ5戦に参戦するほか、群馬県戦への出場も検討中だという。

ラリプラメンバーズ2020