トヨタ、勝田に続く若手ラリードライバー育成へ。全日本ラリーには眞貝を継続起用 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、勝田に続く若手ラリードライバー育成へ。全日本ラリーには眞貝を継続起用

©Toyota Gazoo Racing WRC

TOYOTA GAZOO Racingは2月7日、2020年の活動計画を発表した。SUPER GTや全日本スーパーフォーミュラ選手権の体制と並んで、全日本ラリー選手権にはトヨタ・ヴィッツGRMN Rallyで眞貝知志/安藤裕一組が引き続き参戦。トヨタの社員がエンジニアとメカニックとして車両製作からラリー参戦まで一貫して行うという。

TOYOTA

さらに、ドライバー育成の面では、これまで国内外のレースやラリーで活躍できる日本人ドライバーを育成するために実施してきた4つのプログラム、TGRラリーチャレンジプログラム、WECチャレンジプログラム、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(TDP)、フォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)を統合。新たに「TGRドライバー・チャレンジ・プログラム(TGR-DC:TGR Driver Challenge program)」として、若手レースならびにラリードライバーの育成を進めていくという。特にラリーに関しては、WRCチャレンジプログラムで活動中の勝田貴元に続く若手ラリードライバー育成のため、ラリーにおけるTGR-DC育成ドライバーの枠を新設。FIA-F4に参戦するスカラシップドライバーや国内ラリーに参戦する若手ドライバーから選出することを今後検討していくことも発表した。

また、従来のフォーミュラトヨタ・レーシングスクールの名称を変更した「TGR-DCレーシングスクール(TGR-DC Racing School)」では、国内外のトップカテゴリーにおいて活躍できるレーシングドライバー、ラリードライバーの発掘・育成と正しいドライビング教育によるモータースポーツ底辺の健全な拡大を図るという。 本コース受講者の中から、優秀で将来性の見込めるドライバーに対し、次年度以降のレース参戦の支援やダート・スノー走行トレーニングを行っていく予定とのことだ。2020年の実施日程は、現状では未定となっている。

ラリプラメンバーズ2020