【2020年型WRカー ディテールチェック】トヨタ・ヤリスWRC編 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【2020年型WRカー ディテールチェック】トヨタ・ヤリスWRC編

©Naoki Kobayashi

2020年のWRC開幕戦ラリーモンテカルロに姿を現した各ワークスチームのマシンをチェックするシリーズ。第1回目はトヨタ・ヤリスWRC。

ヤリスWRCは2019年型と比べエンジンに大きなアップデートを受けている。“スペック8”と呼ばれる新型エンジンの主な変更点はカムシャフトで、開発を担当するトヨタ・モータースポーツGmbHの青木徳生氏は「パワーもトルクもこれまでの最強エンジン」と自信を見せる。

また、ギヤボックスはターマック用の新レシオを投入しているほか、軽量化のためにリヤのクロスメンバーと、新たなハブ(4輪とも)を投入している。今シーズン中はエアロパーツのアップデートはしない予定とのことだ。

それでは、外装から細かくチェックしていこう。

次ページ:まずは外装を徹底チェック

1234
ラリプラメンバーズ2020