ラリージャパンテストイベントに、勝田貴元がヤリスWRCで参戦。ヒュンダイもWRカーをエントリー – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリージャパンテストイベントに、勝田貴元がヤリスWRCで参戦。ヒュンダイもWRカーをエントリー

©TOYOTA

2020年のWRC日本戦開催に向けて招致活動を進めるWRC日本ラウンド招致準備委員会(株式会社サンズ内)は、イベントの認知度を高めると同時に、運営面での習熟や査察を行うことを目的としたテストイベント「Central Rally Aichi/Gifu 2019」(セントラル・ラリー愛知/岐阜2019)」を2019年11月9〜10日に開催するにあたり、このイベントに、TOYOTA GAZOO Racingから勝田貴元がヤリスWRCで参戦することを明らかにした。さらにヒュンダイ・モータースポーツからもヒュンダイi20クーペWRCがエントリーする。

TOYOTA


(以下、プレスリリース抜粋)
ーーーー

 WRC日本ラウンド招致準備委員会(株式会社サンズ内)は、Rally Japan 2020の開催に向けて、多くの方にWRC(FIA世界ラリー選手権)の魅力を知ってもらうとともに、運営に携わる組織・スタッフの習熟やFIAの医療査察などを実施するテストイベント「Central Rally Aichi/Gifu 2019(セントラル・ラリー愛知/岐阜2019)」を本年11月9〜10日に開催します。本イベントに、TOYOTA GAZOO RacingからヤリスWRCと、ヒュンダイ・モータースポーツからヒュンダイi20クーペWRCの、2台のトップクラス・ワークスカーが参戦することになりました。ヤリスWRCは勝田貴元選手がドライブすることも決定しています。

 Central Rally Aichi/ Gifu 2019は、こうしたRC1クラスのWRカーも含むオープンクラスのほか、日本スーパーラリーシリーズや、全日本選手権の各クラス車両が参戦できる枠組みを調整しています。また、競技の一部は観戦いただけるエリアもご用意します。競技に関する詳細や観戦方法、チケット等につきましては、決定次第お知らせします。

[概要]  (2019年7月時点)
競技会名: Central Rally Aichi/Gifu 2019
開催日時: 2019年11月7日(木)〜10日(日)※競技は9〜10日
開催場所: 愛知県長久手市 愛・地球博記念公園(サービスパーク/HQ)を起点とする愛知県内、岐阜県内の一般道路、林道および公園
格式: 国際格式、国内格式
主催: MSCC/TMSC/M.O.S.C.O./SAN’S
競技会参加クラス
オープンクラス
国際格式部門: A/R/N/RJ
日本スーパーラリーシリーズ(JSR) 
国内格式部門: R/RJ/RPN/AE/RF

[競技コース]
開催地: 愛知県岡崎市、豊田市、新城市、長久手市、設楽町 岐阜県恵那市
距離: 約150km(14SS合計)/約580km(リエゾン) 合計約730km
路面: ターマック

ワールドラリーカレンダー2020