プロドライブ、プライベーターに降格 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

プロドライブ、プライベーターに降格

 

 BMWは、プロドライブをMINIのワークスチームとしてではなく、カスタマーサポートのいちチームとして位置づけることを決定した。
 これまでプロドライブが担っていたマニュファクチャラーエントラントとしての活動は、かねてよりうわさのあったモータースポーツ・イタリアが運営するWRCチームMINIポルトガルが引き継ぐとの発表がされている。

 ドライバーはポルトガル人のアルミンド・アラウジョ/ミゲル・ラマルホ、ブラジル人のパウロ・ノブレ/エデュ・パウラが務める。シーズン残り12戦のすべてに出場する予定とのこと。カラーリングは写真のようにブラックを基調としたものになるようだ。
 一方、カスタマーのためのマシン製作とサポート、および2018年までホモロゲーションが残っているニューカーの開発はプロドライブが継続して行なうという。

「WRCにおけるMINIの将来が、長期的に確保されていることをうれしく思う」と語るのは、BMW MINIブランドマネージメント執行役員のカイ・ゼグラー(写真下)。
「ラリーは我々のブランドに非常によくマッチする。すでにポディウムを獲得していることからも、MINI JCW WRCは十分なポテンシャルを示したと言えるだろう。今後数年間は、世界中のカスタマーチームが走らせるMINIがファンを魅了し続けることを確信している。
 もちろん、プロドライブによる熱意とハードワークなくしては、これまでの活躍は望めなかったはずだ。MINIモータースポーツを代表して彼らの働きに感謝するとともに、今後もカスタマーサポートとしてともに歩みを進めることを楽しみにしている」

 なお、完全な詳細についてはいまだ議論されている部分もあリ、全体像は把握できていないが、プロドライブがMINI WRTとして獲得したポイントについては、そのまま残される可能性もあるという。
 また、ドライバーのダニ・ソルドもプロドライブとともに残りのシーズンを戦うと関係者は語っている。



RALLY CARS
RALLY PLUS