WRC日本開催決定を受けて、愛知県知事ほか関係者がコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC日本開催決定を受けて、愛知県知事ほか関係者がコメント

©Naoki Kobayashi

FIAが2020年のWRCカレンダーを発表し、WRC日本戦の開催が決定したことを受けて、WRC世界ラリー選手権日本ラウンド招致準備委員会は関係者からのコメントを発表した。

藤井一裕 JAF会長
「この度の世界モータースポ一ツ評議会(WMSC)における、2020年FIA世界ラリー選手権日本ラウンド開催決定は、喜ばしい限りです。WRC日本ラウンド招致準備委員会をはじめとする関係者の皆さまの努力が実を結んだものと思います。JAFとしましても、同大会が多くのファンの皆さまやエントラントの皆さまの記憶に残り、喜んでいただける競技会となるよう、関係団体や行政の皆様とも連携を図りながら、引き続き支援してまいります」

大村秀章 愛知県知事
「FIA世界ラリー選手権(WRC)の2020年日本開催を心から歓迎します。多くの自動車関係者、モータースポーツファンがWRC日本開催を待ち望んでいました。世界一の自動車産業の集積地である本県には、自動車文化とモータースポーツの素晴らしさを世界に発信していくというミッションがあります。日本を代表するモータースポーツの中心地として、世界に大きくアピールする大会にしていけるよう、関係者と協力し、2020年秋の大会の成功に向けて全力で取り組んでまいります」

古田肇 岐阜県知事
「東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年に、FIA世界ラリー選手権の日本ラウンドが、ここ『清流の国ぎふ』で開催されますことを大変喜ばしく思います。本県にとって初めての世界的なモータースポーツの大会であり、今から大いに楽しみにしているところです。出場される選手やチーム関係者の皆さまの健闘をお祈りするとともに、観戦に訪れる国内外の皆さまには、豊かな自然や歴史ある文化・伝統など、本県の魅力に触れていただけると幸いです。皆さまのお越しをお待ちしております」

古屋圭司 自民党モータースポーツ振興議員連盟会長、衆議院議員
「悲願のWRC愛知岐阜開催が事実上決定し、これ以上の喜びはありません。私たちが目指すのは、日本でのモータースポーツ文化定着であり、これはその代表的なイベントです。関係者が連携して、世界中が熱狂する日本ラウンドを創り上げましょう」

RALLY PLUS