WRCフィンランド:前日総合4位のタナックがデイ3で首位に。ラトバラは総合3位から表彰台を狙う – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:前日総合4位のタナックがデイ3で首位に。ラトバラは総合3位から表彰台を狙う

©TOYOTA

8月3日(土)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・フィンランドの競技3日目デイ3が、ユバスキラを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルベオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が総合1位に順位を上げた。また、デイ2首位のヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(10号車)は総合3位。なお、デイ2で総合2位だったクリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車)は、サスペンションを破損してデイリタイアとなった。

デイ3は、サービスパークの南側で、4本のステージを日中のサービスを挟んで各2回走行。8本、計132.98kmのSSが行なわれた。デイ2で首位ラトバラと2.6秒差の総合4位につけていたタナックは、オープニングステージのSS12でベストタイムを記録。ラトバラを抜き総合1位に立ったものの、続くSS13ではラトバラがベストタイムで応酬し、逆転。しかしSS14、ラトバラは右コーナーの外側にあった大きな石に当たってホイールを破損し、エアー抜けにより大きくタイムロスした結果、このSSを制したタナックが再び首位に立っている。その後タナックはデイ3の最後まで首位を守り、総合2位のライバルに対し16.4秒差を築いた。

石に当たって2位に順位を下げたラトバラは、午後のステージで確実性重視の走りを実践。その結果、総合3位で1日を終え、今季初となる表彰台フィニッシュを射程に捉えている。また、総合2位の座をチームメイトと激しく競っていたミークは、SS13でベストタイムを記録。首位ラトバラと0.6秒差の総合3位につけていたが、SS14でラトバラと同じ石にクルマをヒット。左のリヤサスペンションを破損してデイリタイアとなった。チームはサービスでクルマを修理し、ラリー2規定に基づきミークは明日のデイ4に再出走する予定。

トミ・マキネン(チーム代表)
ここフィンランドで、今年もまた最高のリザルトに1歩近づくことができたので、全体的にはとても良い1日だったと思います。今朝は、良い出走順でスタートしたオィットが真の速さを見せてくれました。午後は総合2位につけるライバルチームの選手がとても速く、プレッシャーをかけ続けてきたので、攻めの走りを続ける必要がありましたが、オィットには余裕があったと思います。今朝、始まってすぐクリスとヤリ-マティに起きてしまった出来事は、もちろん残念です。彼らには速さがあったので、状況をしっかりとコントロールできたはずです。ミスなく適切なスピードで最後までラリーを走り切ることが、ヤリ-マティの明日の課題です。

オィット・タナック (ヤリスWRC 8号車)
本当に良い1日でした。朝は皆が思い切り攻めていたので、競争は本当に熾烈でした。そのような状況で首位を争うライバルチームの選手に少し差を築くことができたのは、午後のステージで彼がとても速く、ついていくのが大変だったことを考えると、良かったと思います。クルマは非常に調子が良く、とても快適に運転できました。路面が荒れていたところではやや用心して走りましたが、スムーズでハイスピードなセクションではとても運転が楽しく、良いリズムで走ることができました。充分なアドバンテージを築くことができたとは思いますが、まだ戦いは終わってはいないので、しっかりと集中して臨む必要があります。

TOYOTA


ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 10号車)
今朝は素晴らしいスピードがあり、クルマのフィーリングがとても良かったので、チームメイトと首位を競いました。しかし、カカリストの右コーナーにオーバースピードで進入し、コーナリングラインが膨らんで側溝に落ち、大きな石に当たってしまいました。午後のステージはミスが許されない状況だと理解していたので、リスクを冒さず余裕のある走りを心がけました。ライバルはスピードをさらに上げる余裕があったようで、対抗できませんでした。良いリズムを見つけられなかったことを少々残念に思いますが、何よりもポイントの獲得が重要です。明日、表彰台に立つことは、自分だけでなく、チームにとっても非常に重要なことなのです。

TOYOTA


クリス・ミーク (ヤリスWRC 5号車)
ラリー序盤の戦いは本当にすごく、今朝も戦いを楽しんでいました。非常に良いリズムで走ることができ、とにかくクルマは最高でした。しかし、カカリストのステージの5速ギヤで曲がる高速右コーナーで、タイヤが道の外側にはみ出してしまいました。通常ならそれほど大きな問題にはならなかったと思いますが、予期せぬことに側溝に大きな石があり、本当に驚きました。僅差の戦いが続き、皆がチームのためにベストを尽くしていたので、クルマを止めなければならなかったのは本当に残念ですし、がっかりしました。

TOYOTA


ラリー・フィンランド デイ3の結果
1. O.タナック(トヨタ・ヤリスWRC) 2:08:49.4
2. E.ラッピ(シトロエンC3 WRC) +16.4
3. J-M.ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +28.8
4. A.ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC) +50.5
5. S.オジエ(シトロエンC3 WRC) +53.1
6. C.ブリーン(ヒュンダイi20クーペWRC) +59.1
7. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:19.3
8. T.スニネン(フォード・フィエスタWRC) +2:05.3
9. G.グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC) +4:09.7
10. K.ロバンペラ(シュコダ・ファビアR5) +6:33.5
35. K.ミーク(トヨタ・ヤリスWRC) +41:56.0



ワールドラリーカレンダー2020