全日本ラリーモントレー:初日のアドバンテージを活かした新井敏弘が今季2勝目 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリーモントレー:初日のアドバンテージを活かした新井敏弘が今季2勝目

©RALLY PLUS

2019年全日本ラリー選手権第5戦「MONTRE 2019」は、6月9日(日曜日)に7カ所のスペシャルステージを走行し(SS18はキャンセル)、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が、鎌田卓麻/鈴木裕(スバルWRX STI)に14.5秒差をつけて優勝を飾った。16.4秒差の3位には新井大輝/小坂典嵩(スバルWRX STI)が入っている。

2位以下に大きなアドバンテージを持って2日目をスタートした新井だったが、SS12「MATSUSHIRO R1」で右フロントタイヤをパンク。残り2kmをパンクしたまま走り、タイムロスしてしまう。それでも午後のセクションはベストこそなかったものの、後続との差をコントロールしてフィニッシュ。開幕戦の嬬恋以来となるシーズン2勝目を飾った。

「今日の後半のセクションはパンクせずに帰って来られた、それだけです。何秒先行しても、パンクしたら終わりですから。今回はペースノートよりも、道を見ながら走っているような感じでした。とにかく危険なコンディションでしたね。勝因は初日にパンクしなかったことかな。経験値も必要だし、色々難しいラリーでした」と、新井。

熾烈を極めた鎌田と新井大輝による2位争いは、鎌田が1.9秒逃げ切ってみせた。

鎌田が「クルマの調子がよかったので、どこも壊すことなくゴールできました。2位は残念ですが、初日のSS4で遅れたことを考えると上出来です」と語る一方、新井大輝は「まずはここに帰ってくることができたのも、メカニックのおかげだと思いますので、すごく感謝しています。鎌田選手とは僅差でしたので、やはり昨日のミスコースが痛かったですね。でも、これもラリーです」と、悔しさをにじませた。

以下、4位に奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)、5位に勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)、6位に柳澤宏至/保井隆宏(スバルWRX STI)のオーダーで続いている。

JN2クラスは眞貝知志/安藤裕一(TGR Vitz GRMN Rally)、JN3クラスは山本悠太/山本磨美(トヨタ86)、JN4クラスは関根正人/草加浩平(スズキ・スイフトスポーツ)、JN5クラスは岡田孝一/小林剛(マツダ・デミオ)、JN6クラスは大倉聡/豊田耕司(トヨタ・ヴィッツCVT)が、それぞれクラス優勝を飾っている。

全日本ラリー選手権 MONTRE 2019 正式結果
1. 新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI) 1:27:43.0
2. 鎌田卓麻/鈴木 裕(スバルWRX STI) +14.5
3. 新井大輝/小坂典嵩(スバルWRX STI) +16.4

9. 関根正人/草加浩平(スズキ・スイフトスポーツ) +10:24.9
10. 山本悠太/山本磨美(トヨタ86) +10:27.1
11. 眞貝知志/安藤裕一(TGR Vitz GRMN Rally) +10:32.3
16. 大倉 聡/豊田耕司(トヨタ・ヴィッツCVT) +13:34.6
17. 岡田孝一/小林剛(マツダ・デミオ) +13:58.8



RALLY CARS