ERCリエパヤ:予選ステージでオリバーがトップタイム、新井は走行せず – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ERCリエパヤ:予選ステージでオリバーがトップタイム、新井は走行せず

©ERC / Alexandre Guillaumot / DPPI

ERC第3戦ラリーリエパヤ(グラベル)は5月24日、ラトビアで予選が行われ、17歳のオリバー・ソルベルグがトップタイムを叩き出した。

フォルクスワーゲン・ポロGTI R5でグラベルステージを走行するのはこれが初めてとなるソルベルグだったが、3.00kmのステージで1:29.590をマークし、現ERC王者のアレクセイ・ルキヤナク(シトロエンC3 R5)に0.580秒差をつけた。

「先行車のラインがあったというアドバンテージはあったが、いいステージだったのでプッシュした。タイムにはとてもハッピーだよ」とソルベルグ。この後に行われたレグ1の走行順選択では、選択できる範囲では最も後方の15番目を選んだ。

ERC / Gregory Lenormand / DPPI

一方、ルキヤナクはセカンドベストタイムにも納得のいかない様子だ。
「素晴らしいとは言えないね。まだセッティングを煮詰めているところだが、思うように行っていない。今は、マシンはドライブしにくい状況。一方で、場所によってはソフトすぎて不安定になってしまう」

地元ラトバラの若手、マルティン・セスク(シュコダ・ファビアR5)は、昨年獲得したERC3タイトルの賞典としてR5マシンで2戦参加権の一戦目として参戦。R5マシンでのデビュー戦を4番手タイムで滑り出している。「スタートでストールしてしまった。本当にバカなミスをした」と語るセスクは、リエパヤ在住だ。
「これで1秒以上をロスしてしまった。ステージはとてもよかったし、オリバーとのバトルは楽しい。昨年、R2で戦って以来だ」

現在、選手権首位に立っているルーカス・ハバイ(ファビアR5)は5番手、ERC1ジュニアで首位に立っているクリス・イングラム(ファビアR5)が6番手だった。

一方、今季最初のERC参戦に臨む新井大輝は、予選を走行しなかった。新井は2日前にC3 R5で初めてのテストを行っている。今回コ・ドライバーとして組むイルカ・ミノアとも、この時、初めて一緒の走行に臨んでいる。新井は、レグ1のスタート順では19番目に入っている。

Jarno Saari

ERCリエパヤ 予選結果
1. O.ソルベルグ(フォルクスワーゲン・ポロGTi R5) 1:29.590
2. A.ルキヤナク(シトロエンC3 R5) +0.580
3. F.マレス(シュコダ・ファビアR5) +1.340
4. M.セスク (シュコダ・ファビアR5) +1.386
5. L.ハバイ(シュコダ・ファビアR5) +1.731
6. C.イングラム(シュコダ・ファビアR5) +1.742



RALLY CARS