MHのWorld Rally News:ヒルボネンがベルギーのヒストリックラリーで優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

MHのWorld Rally News:ヒルボネンがベルギーのヒストリックラリーで優勝

 

スバル、フォード、シトロエンでワークスドライバーとして活躍した元WRCドライバーのミッコ・ヒルボネンが、ベルギーで開催されたヒストリックラリーイベント、レジェンド・ブーセルス・バストーニュで優勝。フォード・エスコートRS1800がトップ3を独占した。
「勝てて、ものすごくうれしい。今回はコンディションが難しかったが、アイス、ぬかるみ、雪、ウエットターマック、霧の中でも、マシンは完璧だった。素晴らしい衝撃が、蘇ってきたよ。自分も、まだまだ行けるね!」と語るヒルボネン。ヒストリックラリーマシンでの次の参戦に、3月16−17日にアイルランド南部で開催されるウェスト・コークラリーを予定している。


ラリースウェーデンの主催者にプレッシャーがかけられている。ラリースウェーデンのCEO、グレン・オルッソンは先日、WRC唯一のフルウインターラリーが直面している試練が増えていると語った。常に苦戦しているのは、気候面でのコンディションが安定して保証されるルートに調整しなくてはならないというものだが、今ではFIAからも「アリーナエリア」を設置するステージを増やすように要求も来ているという。スウェーデンは既に、アリーナエリアを設けるステージをいくつか設定しており、最も有名なものにコリンズ・クレストで知られるバーガセンがある。オルッソンは、スウェーデンの地元メディアに「2020年のイベントでは、アリーナがないか、自分たちにとってあまり価値の高くないアリーナのあるルートに変更する」と語っている。この新ルートは、4月末までにFIAに提出されなくてはならない。


17歳のラリードライバー、オリバー・ソルベルグの2年間のキャリアを綴る映画「ボーン2ウィン(勝つために生まれた)」が、ノルウェーで公開された。プレミアには、父ペター、母パニラとともに、ソルベルグ一家が揃って登場。今シーズンのオリバーは、既にラトビアで開催されたアルスンラリーをフォルクスワーゲン・ポロGTI R5で勝っている。

Solberg PR


2019年英国ラリー選手権は、2月16日に1デイイベントとして北ウェールズで開催されるカンブリアラリーで開幕する。このラリーは、ラリーGBの開催エリアとして知られる地域のステージを多く使う。HQとサービスパークはスランディドノに置かれる。様々なカテゴリーに、130近くのクルーがエントリー。トップシードは、フォード・フィエスタをドライブするチリのペドロとアルベルトのヘラー兄弟だ。さらに、現英国チャンピオンのマット・エドワーズも登場する。このラリーでは、公道を占有してのステージは設定されない。


シュコダ・モータースポーツのチーフ、ミハエル・ハラバネクは、同社が2019年はカスタマースポーツとWRC2プロの参戦に専念することを発表した。シュコダ・モータースポーツのカスタマープログラムが、2019年の最優先事項となる。WRC2プロへの参戦理由は、カスタマーと身近に接することで直接フィードバックを得て、データを収集し今後のマシン開発に活かすためだという。

新型のファビアR5のFIA公認については、2019年の中盤を予定しているが、実戦デビューの日程については、確定していないという。

Martin Holmes Rallying


(Martin Holmes)



ワールドラリーカレンダー2020