トヨタ、ラリーにつながる「戦略的スポーツモデル」の登場を示唆 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、ラリーにつながる「戦略的スポーツモデル」の登場を示唆

©RALLY PLUS

トヨタは、1月11日、千葉県の幕張メッセで開幕した東京オートサロン2019でメディアコンファレンスを実施。この中で、ラリーマシンと結びつきの深い「戦略的スポーツモデル」の登場を示唆した。

業界関係者と報道関係者の特別招待日となったこの日の午前の東京オートサロンでは、シーズンインを控えた各社の発表会が目白押し。TOYOTA GAZOO Racingブースでのプレスブリーフィングでは、冒頭から、友山茂樹GAZOO Racingカンパニープレジデントが登壇。ル・マン24時間での念願の優勝と、参戦2年目でのWRCマニュファクチャラーズタイトルの獲得を果たした2018年を「飛躍の年」と表した。

数々の苦難を乗り越えて手にした栄光を支えた世界中の熱心なファンの存在に謝意を表し、その期待に応えるためには、競技参戦の継続とともに、その経験をフィードバックしたGRブランドのスポーツカーを世に送り出すことが使命と語った。その上で「ラリー王国としてのトヨタの位置づけを確固なものにするため」の「戦略的スポーツモデル」の登場を示唆した。

「本部に固く口止めされているので、私が言えるのはここまで」としながらも、今後のラリー参戦に大きな関連性を持つモデルが期待できそうだ。

このブリーフィングでは、GRシリーズの新モデルとしてマークX GRMNの発売開始と、GRシリーズとしては初の軽スポーツクーペとなるコペンGRスポーツコンセプトの登場が発表されたほか、GRスープラ・スーパーGTコンセプトなどの新型車両もアンベールされ、集まった報道陣から大きな注目を集めていた。ブースでは、2018年仕様のトヨタ・ヤリスWRCやそのエンジンとともに、WRCマニュファクチャラーズタイトルと、ル・マン優勝のトロフィーも展示されている。

RALLY PLUS

RALLY PLUS

TOYOTA



RALLY CARS