WRCオーストラリア:オジエWRC6連覇なるか。Mスポーツ・フォードも全面支援体制 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCオーストラリア:オジエWRC6連覇なるか。Mスポーツ・フォードも全面支援体制

©M-Sport

今週開催されるWRCラリーオーストラリアに、WRC6連覇がかかるセバスチャン・オジエ。現在、3ポイントのリードで首位に立つオジエを擁するMスポーツ・フォードも、マニュファクチャラーズ選手権タイトル連覇のチャンスを残している。

チーム代表のマルコム・ウィルソンは「彼らは選手権の勝ち方を知っているし、オーストラリアでの勝ち方も知っている。チームは一丸となって彼を支え、セバスチャン・オジエ、ジュリアン・イングラシアとの最後の参戦を最高の形で終えたいと思っている」と意欲を見せる。
「マニュファクチャラーズ選手権でもチャンスを残している。厳しい状況ではあるが、何が起きても不思議ではない。エルフィン・エバンスとテーム・スニネンも、好リザルトを見せようと意欲を高めている。ドラマはまだ、終わってはいない」

最終戦までもつれ込んだ選手権争いの主役のひとり、オジエは、2013年から2015年にラリーオーストラリア3連覇を果たしている。
「選手権争いでは、3ポイントの僅差だがリードを握って首位でオーストラリアを迎える。2戦前は23ポイントの差を追っていたことを考えれば、とてもポジティブな位置につけている」とオジエ。
「もちろん、初日に砂利掃きの役目を担うのは簡単ではないと分かっているが、どんなことも起こり得るし、挑む準備はできている。オーストラリアでは何度も勝利を飾っているし、今回も勝利数を増やすことを目指す。全力で、6度目の世界タイトルに向けてプッシュしていく。マルコムと、チームのみんなとの楽しかった2年間を、最高の形で締めくくりたい」

オジエを支えるエバンスは、過去3回オーストラリアに参戦しており、ベストリザルトは昨年の総合5位だ。
「ラリーオーストラリアはいつも楽しめているし、今回も好リザルトでシーズンを締めくくりたい」とエバンス。
「WRCも、ここまでエキサイティングになっているシーズンを見たことがない。誰もが、この週末の行く末を楽しみにしている。自分たちも同じだ。ベストを尽くして、チームのために最高のリザルトを収められるよう、必死で努めて行く」

一方、若手のテーム・スニネンにとっては、今回が初めてのラリーオーストラリア参戦となる。
「初めてのオーストラリアだが、準備することは同じ。過去の動画も見て備えてきた」とスニネン。
「2016年はレッキのみ参加したが、今回のステージのノートは全ては持っていない。レッキでしっかり集中し、他のみんなと同じレベルで戦えるように準備しなくてはならない。シーズンの最終戦だし、選手権争いが激戦になっているので、とても注目が集まるエキサイティングなラリーになる。セブは6度目の世界タイトルに絶好のチャンスを握っているし、チームもマニュファクチャラーズ選手権タイトルのチャンスを残している。自分も、この戦いに加わるひとりとして、全力を尽くしていく」

ラリプラメンバーズ2019