全日本ラリー新城:初日、前戦でタイトルを決めた新井が首位快走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー新城:初日、前戦でタイトルを決めた新井が首位快走

©RALLY PLUS

2018年全日本ラリー選手権第10戦「新城ラリー2018」は、11月3日(土曜日)にレグ1の8SSを走行し、新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が、奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)に16.4秒差をつけて初日トップに立った。

前戦高山でタイトルを決め、プレッシャーのない状態で最終戦に挑んだ新井は、SS1でベストタイムを記録してトップに立つと、3つのステージでベストタイム並べて余裕のトップ。「午後はインカットしたことで路面にかなり砂利がでていました。今回の好走はやっぱりタイヤが変わったことが大きいと思います。明日はあまり好みでないステージもありますが、新しいタイヤでどうなるかですね」と、余裕の笑顔で語る。

SS3とSS7でベストタイムを記録した奴田原が2位で初日を終えた。「タイムが出るステージと出ないステージが極端でした。ランサーに向くステージはベストは獲れていても、負けているステージのタイム差が大きい」と、奴田原は首をひねる。

Takuto Nishio

20.7秒差の3位は怪我からの復帰戦となった勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)、1分12.3秒差の4番手には柳澤宏至/加勢直毅(スバルWRX STI)がつけている。

Takuto Nishio

全日本ラリー選手権 新城ラリー2018 SS8終了時点結果
1. 新井敏弘/田中直哉 スバルWRX STI 44:33.4
2. 奴田原文雄/佐藤忠宜 三菱ランサーエボリューションX +16.4
3. 勝田範彦/石田裕一 スバルWRX STI +20.7

9. 川名賢/保井隆宏 シトロエンDS3 R3-MAX +2:16.6
12. 明治慎太郎/北田 稔 トヨタ86 +2:44.1
15. 山本悠太/小林 剛 トヨタ86 +3:01.5
19. 天野智之/井上裕紀子 トヨタ・ヴィッツ +3:20.2
30. 伊藤隆晃/大高徹也 日産ノートNISMO S +4:56.4



ワールドラリーカレンダー2019