全日本ラリー北海道:勝田が新井を振り切りシーズン2勝目 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー北海道:勝田が新井を振り切りシーズン2勝目

©Takuto Nishio

2018年全日本ラリー選手権第8戦「RALLY HOKKAIDO」は、9月16日(日曜日)に6カ所のスペシャルステージを走行し、勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)が2位の新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)に3.4秒差をつけて勝利を飾った。また、3位に鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)が入り、スバル勢が表彰台を独占している。

首位の勝田と、前日にパンクで遅れた新井の差は10.3秒。逆転首位を狙って新井が渾身のスパートを披露するが、一歩届かず。勝田が第3戦ラリー丹後以来となるシーズン2勝目を飾った。「本当にタフなラリーでした。特に今日はずっと気の抜けない展開が続きましたね。勝因は……どうなんでしょう……ドライバーかな(笑)。タイトル争いで首の皮がつながりました」と、勝田は笑顔を見せた。

Takuto Nishio

このラリーで勝利すれば、2戦を残してタイトルが決まる可能性のあった新井は「3秒足りなかったですね。でも、全体を見れば悪くない走りができたと思います。今日に関してはホンベツの舗装セクションがすべてでした。あそこだけで5秒も負けてしまったので……」と、悔しさを覗かせている。

22.8秒差の3位は「スピードに乗り切れなかったけれど、表彰台に乗れたのは大きい」と振り返った鎌田。4位は三菱勢最上位の奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)が入っている。

全日本ラリー選手権 ラリー北海道 JN6クラス 暫定結果
1. 勝田範彦/石田裕一 スバルWRX STI 1:50:58.6
2. 新井敏弘/田中直哉 スバルWRX STI +3.4
3. 鎌田卓麻/市野 諮 スバルWRX STI +22.8
4. 奴田原文雄/佐藤忠宜 三菱ランサーエボリューションX +44.5
5. 堀田 信/河西晴雄 三菱ランサーエボリューションX +8:18.8
6. 徳尾慶太郎/石田一輝 三菱ランサーエボリューションX +9:07.7

ラリー北海道 リザルト速報ページ
https://www.rallyplus.net/jrc-hokkaido-result



ラリプラメンバーズ2019