名WRCカメラマン、モーリス・セルデンがラリー界から引退 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

名WRCカメラマン、モーリス・セルデンがラリー界から引退

©Martin Holmes Rallying / Francois Baudin

生きたラリーの情報をファンに届けるために尽力を続けたある人のお話。ウェールズ出身のカメラマン、モーリス・セルデンは、ラリードイツでラリー現場での活動から引退することを発表した。40年以上も、WRC現場での取材を続けた。

フォトエージェンシー、LATでこの仕事を始めた後、独立。年刊のPirelli World Rallyingや、様々なモータースポーツ雑誌で名をあげた。今回のドイツは、セルデンにとって450回目のWRCの現場だった。

セルデンの栄誉を讃えて、FIAはイベント前の記者会見でセレモニーを設け、セバスチャン・オジエ、オット・タナク、ダニ・ソルド、マッズ・オストベルグが同席した。この夏は、南ウェールズのブレコンシアターで、セルデン選りすぐりのラリー写真を集めた展示会が開催されている。

彼のお気に入りのWRC戦は、いつでもケニアのサファリラリーだった。
(Martin Holmes)



ワールドラリーカレンダー2019