WRCフィンランド:ホームイベントに臨むTOYOTA GAZOO Racing、マキネン「昨年の再現が目標」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:ホームイベントに臨むTOYOTA GAZOO Racing、マキネン「昨年の再現が目標」

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing WRTは、7月26日(木)から29日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦ラリーフィンランドに、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組、オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組の3台のヤリスWRCで参戦する。

ラリーフィンランドは、WRC全戦の中でもっとも平均速度が高いグラベルイベント。サービスパークはフィンランド中部の都市ユバスキュラに置かれ、サービスパークを中心に森林地帯の道で競技が行われる。TOYOTA GAZOO Racing WRTのファクトリーはユバスキュラ近郊にあり、チームにとってラリーフィンランドはホームイベント。また、ラトバラとラッピはフィンランド人、そしてタナックはフィンランド近隣エストニアの出身であり、彼らにとっては他のラリー以上に大きな意味を持つ1戦となる。

ヤリスWRCでの初参戦となった昨年のラリーフィンランドで、TOYOTA GAZOO RacingはラッピがWRC初優勝を飾っている。ラリー前半、ラッピはラトバラと激しい首位争いを演じ、デイ3で首位を走行していたラトバラが電気系のトラブルによってストップした後、トップに浮上。そのまま最後までリードを保ち、第2戦ラリースウェーデンでのラトバラの優勝以来となるシーズン2勝目をチームにもたらした。また、ユホ・ハンニネンも総合3位と自身のベストリザルトを更新し、初のポディウムフィニッシュを果たすなど、トヨタはシーズン最高の結果を得た。

ラリーフィンランドのグラベルステージは、全体的に非常に高速で路面はフラットだ。大きなジャンプや、うねりのあるクレスト越えが連続するため、精度の高いペースノートと、正確なライン取りが重要となってくる。例年、上位を争う選手間のタイム差は少なく、僅かなミスが勝負に大きな影響を及ぼす。今年のSSは、2017年に使われたSSのうち約65%が変更され、全体の40%近くが新規となる。競技は7月26日(木)の夜、ユバスキュラの公園を舞台とする「ハルユ」のSSでスタート。27日(金)から29日(日)にかけて、森林地帯のグラベルSSでハイスピードな戦いが行われる。4日間に走行するSSは23本、その合計距離は317.26km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1426.84kmとなっている。

TOYOTA

トミ・マキネン(チーム代表)
「フィンランドはチーム全員にとってエキサイティングなイベントです。フィンランドのファンからは特に素晴らしいサポートを受けていますし、オットを応援するためエストニアからも多くのファンが訪れるはずです。昨年のこのラリーでの優勝は我々にとって特別な事でした。そして、その再現が今回の目標です。ヤリスWRCはフィンランドのような道との相性が良く、我々の3人のドライバー達もハイスピードなコースに自信を持っていますので、全員が優勝争いに加わる事ができると信じています。ラリーに向けて良い準備が出来ていますが、それでもライバルとの戦いはきっと激しいものになるでしょう」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「ラリーを心待ちにしています。私にとっては、シーズン後半戦をポジティブにスタートするための大きなチャンスです。私のホームイベントということで、力強い応援をいつも感じていますし、フィンランドで作られたクルマをドライブする今はさらに強くそう思います。昨年はチーム全員が一体となっていることを強く感じました。今年はルート変更があり、それが大きなチャレンジのひとつでもあります。いくつかのステージは過去に走った事がありますが、随分と昔の事ですし、知らないセクションもかなりあります。ですから、より公平な条件での戦いとなるでしょう」

オィット・タナック
「ラリーフィンランドは私のお気に入りのラリーのひとつです。非常にハイスピードであり、ジャンプでは高い技術力が求められるなど、かなり特殊なラリーです。道をリスペクトして走らなくてはなりません。今年は、私が知らない新たな道がコースに組み込まれ、より大きなチャレンジになりそうです。プレイベントテストに加え、先週末にはラリーエストニアに出場し準備は万端です。ラリーエストニアでは多くのファンの前で優勝する事ができましたが、彼らの一部はきっとラリーフィンランドにも来てくれるでしょう。フィンランドでもファンに良い結果を報告できるように、頑張りたいと思います」

エサペッカ・ラッピ
「私にとってラリーフィンランドは常に特別な1戦でしたが、昨年優勝した事によって、さらにその想いが強まりました。とても楽しみであるのと同時に、今年はより大きなプレッシャーを感じます。もちろん良い結果を望んでいますが、それは誰もが同じなので頑張らなくてはなりません。優勝のハードルは昨年よりも上がっていると思います。チーム内での、そしてライバルチームの選手との戦いはさらに厳しくなるでしょう。また、新たに設定されたステージも、大きなチャレンジとなります。我々のクルマには競争力があるので、良いペースノートを作り、良いドライビングの流れを掴むことに集中したいと思います」

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!