JSRモントレー:映画「OVER DRIVE」に登場するトヨタ・ヤリスが実際のラリーで優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

JSRモントレー:映画「OVER DRIVE」に登場するトヨタ・ヤリスが実際のラリーで優勝

©CUSCO

2018年6⽉8-10⽇、群⾺県嬬恋村パルコールつま恋を起点に開催されたFIAインターナショナルラリー2018年⽇本スーパーラリーシリーズ第2戦「モントレー2018」に、現在公開中の映画『OVER DRIVE』に登場するスピカレーシングファクトリー・ヤリスSCRSが出場し、2⽇間のラリーで1度も⾸位の座を譲らず優勝。映画の世界から⾶び出したヤリスSCRSの豪快な⾛りと、映画のワンシーンを再現したかのようなメカニックの整備シーンはラリーファンだけではなく、⼀般のギャラリーにも好評を博した。

今回、スピカレーシングファクトリー・ヤリスSCRSの競技中メンテナンスはCUSCO RACING(クスコレーシング)が担当。そしてマシンのプリペアは映画でメカニック監修を⾏った三枝豊和⽒が担当し、ラリー中はメカニックとして参加した。クルーを務めたCUSCO RACINGの炭⼭裕⽮/保井隆宏組は今季、アジア・パシフィックラリー選⼿権で2連勝しており、海外・国内ラリーともに豊富な参戦経験を持つ。今回の参戦にあたりドライバー、コ・ドライバーのレーシングスーツやメカニックスーツは、実際に映画で使⽤されたスピカレーシングファクトリーのスーツを着⽤。ヤリスSCRSがサービスパークに帰ってくるとテントの周りにはギャラリーが詰めかけ、リアルなメカニックの整備シーンを観戦していた。

CUSCO

ヤリスSCRSはラリー直前の⽊曜⽇にテスト⾛⾏を⾏い、ドライバーの炭⼭はそこで初めてこのマシンをドライブしたが、これまで様々なマシンでラリーに出場してきた経験でまったく問題なくテストを完了。今回のラリーはグラベルとターマックが混在する難しい設定ながら、⼟曜⽇のラリースタートからマシンのポテンシャルをフルに発揮し、初⽇の全ステージでトップタイムをマークする圧巻の⾛りを披露した。ラリー2⽇⽬も初⽇の勢いをそのままにトップタイムを連発。最終ステージのみパンクでスロー⾛⾏を余儀なくされるも、これまでの⼤量マージンを⽣かし、余裕のトップフィニッシュを果たした。

CUSCO

ドライバー 炭⼭裕⽮選⼿
「今回のラリーはプロモーションの意味でも、とにかく⾛り切ることが重要だったのですが、このような結果を残せて本当に嬉しいです。初めてドライブするマシンでしたが、しっ
かり事前準備をしてくれたチームと三枝さんに感謝しています。映画『OVER DRIVE』はラリーの魅⼒がつまった素晴らしい作品です。この映画をきっかけにラリーファンが増えることを期待しています!」

CUSCO



ワールドラリーカレンダー2019