JSRモントレー:ヤリスで参戦の炭山「初めてラリーを観る人にも魅力を伝えたい」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

JSRモントレー:ヤリスで参戦の炭山「初めてラリーを観る人にも魅力を伝えたい」

©RALLY PLUS

2018年シーズン日本スーパーラリーシリーズ第2戦「MONTRE 2018」が、群馬県・嬬恋村を起点に、6月8~10日の日程で開催される。

今回のイベントで最も大きな注目を集めているのが、現在絶賛公開中の映画『OVER DRIVE』で実際に使われたトヨタ・ヤリスが、正式にエントリーしてラリーを走ることだろう。JSR開幕戦「Rally of Tsumagoi」ではシュコダ・ファビアR5で勝利を飾った炭山裕矢/保井隆宏組が、今回はマシンをヤリスに変えて参戦するのだ。

檜山直純役の新田真剣佑がドライブしたヤリスのステアリングを握る炭山は「今回、僕らマシンを楽しみに観にくる人も多いでしょうし、とにかく最後までしっかり走りきりたいと思っています。ラリー前に少し乗りましたが、ヤリスはS2000ですし、トルクはそれほどありません。マシンの重量が軽いので、そのアドバンテージを活かしたいですね」と、意気込みを語った。

APRC第2戦オーストラリア後に映画館で『OVER DRIVE』を観賞したという炭山。今回のラリーでは新田真剣佑が映画で使用したヘルメットやレーシングスーツを着用する。さらにヤリスを整備するクスコ・レーシングのメカニックも、映画に登場したスピカ・レーシングのウェアを着てラリーを戦うという。

「この作品はラリーを知らない人にも、すごく分かりやすく魅力を伝えていると思いました。今回、『OVER DRIVE』で初めてラリーを知った人にも、実際のラリーを体感してほしいですね。ラリーに関しては、モントレーは舗装のステージもありますし、タイヤがどの程度減るのか、走ってみないと分からない部分もあります。モントレーですし、雨は最初から覚悟しています(笑)。厳しいコンディション下でもしっかりペースをコントロールしながら走りたいです」