世界ラリークロス、2020年から電気自動車による世界選手権へ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界ラリークロス、2020年から電気自動車による世界選手権へ

©FIAWorldrallycross.com

6月7日、フィリピンのマニラで行われたFIAのワールドモータースポーツカウンシルでは、2020年から世界ラリークロス選手権を電気自動車によるシリーズにすることが承認された。

シリーズプロモーターのIMGはこの18ヶ月、FIAや複数の自動車マニュファクチャラーとともにこのプロジェクトに向けて連携を取ってきたという。一方で、プライベーターのチームも新しい選手権に参戦できるようにするためにも、努力を費やしてきた。

7月30日までに電気自動車シリーズへの参加意志を表明することを求めており、シリーズはマニュファクチャラー陣と一丸となっての取り組みを続けていくとしている。

FIAは、選手権に参戦するマシンの鍵となる2つの共通パーツについて、シングルサプライヤーを指名。オレカがシャシー、ウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングはバッテリーを供給する。



ワールドラリーカレンダー2019