WRCイタリア:新井大輝「ヤルモとのコンビはすごくいい。学ぶことが多い」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCイタリア:新井大輝「ヤルモとのコンビはすごくいい。学ぶことが多い」

©Keiko Ito

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの育成ドライバーとして実戦修業中の新井大輝は、今回のWRCラリーイタリア・サルディニアから、新たにヤルモ・レーティネンとのコンビでラリーに挑む。レッキを終えた新井に、スタート前の心境を聞いた。

ポルトガルの教訓は?
「ポルトガルの教訓はトラブルフリーで走ることができると総合的にかなりいいところに行けるということだったので、自分でトラブルを起こさないこと、そしてパンクをしてしまうとかなりタイムをロスしてしまうのでそこに気をつけて走れば問題ないかな、と」

ここでのレッキはパンクしそうな感じでしたか?
「ここはどこでもパンクできるような感じでした。金曜日のトゥーラ(SS2/6)という1本目のステージはかなり荒れているのでそこは注意していって、そこでパンクしなければまったく問題ないと思います。カステルサルド(SS3/7)も前半は簡単にパンクしそうな感じでしたね」

ヤルモと組んでみてどうですか。
「すごくいいです、いろいろ学ぶことも多いですし、あとはリズムを自分たちで見つけ出すことです。それでガッチリ合えばどんどんスピードを上げることができるので楽しみです」

ペースノートのシステムは?
「一切変えていません。なるべくシンプルに、お互いがわかりやすいようにしているので、それはお互いとてもいいと思います」

ここで優勝した経験者が一緒にいてくれるのは心強いですか?
「そうですね。やはりレッキ中にも『ここのコーナーはこういうコーナーで』と説明してくれるので、レッキが面白かったです。『ここは誰々がぶつかって』とか『ここは石が多いから注意して』とか。そういう経験値はとても役に立ちます」

ワールドラリーカレンダー2020