圭rally project、全日本ラリー選手権2018年シーズン参戦体制を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

圭rally project、全日本ラリー選手権2018年シーズン参戦体制を発表

©RALLY PLUS

タレントでモータージャーナリストの竹岡圭が主宰する「圭rally project」の2018参戦発表会が東京渋谷区のアルファロメオ青山で行われ、全日本ラリー選手権、JN4クラスにスポット参戦するニューマシンと新チーム体制が披露された。

竹岡圭が、長年の夢であった全日本ラリー選手権参戦のため自らが主催となって立ち上げた「圭rally project」。参戦にあたり、「イチから育ててもらう若手ドライバーでもないし、また新しいものにチャレンジした結果として、これまで携わったモータースポーツの世界、自動車業界に僭越ながら少しでも恩返ししたい、そして何か新しい風を送り込めたらいいなという想いと、クルマとモータースポーツを日本の文化にしたいという目標のため自らレーシングチームを立ち上げた」と語る。

RALLY PLUS

2017年は「ムゼオ・チンクエチェント・レーシングチーム」からABARTH 500 Rally R3Tを駆り、全日本ラリー選手権のターマック戦にスポット参戦。JN5クラスのシリーズ5位という成績を残した。

今シーズンの参戦マシンはアルファロメオ・ジュリエッタ。参戦マシンの変更について竹岡は「グラベルステージが増えるため、昨年のマシンであるABARTH 500では私の腕では正直難しいということ。また、アルファロメオはF1にも復帰し、ジュリエッタは英国ツーリングカー選手権などに参戦するということでアルファロメオのモータースポーツ活動に日本をはじめ世界中で注目度が集まっている」ことが主な理由とのこと。

コ・ドライバーは昨年中盤から圭rally projectに参加し、Rd.7ラリー北海道と最終戦の新城ラリーに参戦した佐竹尚子が務める。

また、プロジェクトの取り組みも一部発表された。アルファロメオのディーラー・メカニックをラリー現場でのメカニックとして採用する。プロジェクト初となるオリジナルグッズの販売、SNSを通じてフォトコンテストの開催を行うほか、観戦ツアーなども計画しているという。なお、4月14日(土)・15日(日)に東京・お台場で開催される「モータースポーツジャパン2018」に圭rally projectのブースを出展。竹岡本人も参加し、サイン会やオリジナルグッズの先行販売なども行われるという。

発表会の最後には「相変わらずの大爆笑と大号泣の超ドタバタだとは思いますが、竹岡圭と圭rally projectと一緒に夢を見て、一緒に夢を叶えていただけると幸いです」と想いを語った。

圭rally projectの参戦スケジュールは以下の通り。

Rd.5 6月7日~10日 Montre2018(群馬県・長野県)
Rd.6 6月29日~7月1日 2018ARKラリー・カムイ(北海道)
Rd.8 9月14日~16日 RALLY HOKKAIDO(北海道)
Rd.10 11月2日~4日 新城ラリー2018(愛知県)

RALLY PLUS



ワールドラリーカレンダー2019