メガウェブの『三菱ラリー車 特別展示』行ってまいりました! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

メガウェブの『三菱ラリー車 特別展示』行ってまいりました!

©Shimpei Suzuki

みなさまこんにちは。
ブログを書くのは1年ぶりくらいのヨンカイです。ご無沙汰しております。徐々に春の足音が聞こえてきそうな今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

先日メガウェブに取材でお邪魔してきましたが、こちらの記事でご紹介した『三菱ラリー車 特別展示』を見てまいりました。

Shimpei Suzuki

ラリーカーは「ヒストリーガレージ」1Fのモータースポーツヘリテージで展示されています。入口で見学者を迎えてくれるセリカ・ツインカムターボの後ろにはグループAのランサーエボリューションIII。こちらは1995年のラリーオーストラリアで優勝したケネス・エリクソン/ステファン・パルマンダーのマシンですね。95年の第4戦ツール・ド・コルスでWRCデビューを果たしたエボIIIは、96年にはトミ・マキネンのドライブによって5勝を挙げドライバーズチャンピオンを獲得。外観は量産車とほぼ変わらないのに、やはり競技車両ならではの迫力が伝わります。

Shimpei Suzuki

奥にはランサー1600GSRとランサーEX2000ターボの2台が並んでいます。左は1974年にジョギンダ・シン/デイビッド・ドイグのドライブでサファリラリーを制したランサー1600GSR。のちに三菱ラリーアートチームの総監督を務めた木全巖氏(2013年没)が直接ケニアまでパーツを持ち込んで製作したという逸話のあるマシンです。右は1982年に1000湖ラリーでペンティ・アイリッカラ/ユハ・ピロネンが総合3位に入賞したマシン。このクルマで培われたターボ技術はスタリオン4WDやのちのギャランVR-4、ランサーエボリューションシリーズへと受け継がれていきます。4G63エンジンは三菱を代表するパワーユニットとして、のちのランサーエボリューションIXまでモータースポーツの第一線で活躍しました。

展示は5月20日(日)まで。歴代のセリカや222D、別の場所にはカローラWRCも展示してありますので、春休みやゴールデンウイークを利用して、ぜひ見学に行ってみてください!

モータースポーツヘリテージ『三菱ラリー車 特別展示』
http://www.megaweb.gr.jp/article/mitsubishi/



ワールドラリーカレンダー2020