全日本ラリートリオが舌好調「SUBARU 2018モータースポーツファンミーティング」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリートリオが舌好調「SUBARU 2018モータースポーツファンミーティング」

©RALLY PLUS

どうも、オダパカです。今回WRCメキシコが開催中だった3月11日に、恵比寿のSUBARU STAR SQUAREで開催された「SUBARU 2018 モータースポーツファンミーティング」に行ってきました。

今回のイベントにはSUPER GTから渋谷真監督、井口卓人選手、山内英輝選手、ニュルブルクリンク24時間レース辰己英治監督、86/BRZ Raceから久保凛太郎選手、池島実紅選手。そして全日本ラリー選手権から新井敏弘選手、鎌田卓麻選手、勝田範彦選手が登場しました。

RALLY PLUS

STI代表取締役社長の平川良夫氏の挨拶から始まったこのイベントは、まずはカテゴリ別でトークショーを展開。86/BRZ Race組と一緒になった全日本ラリーのトリオは、車載動画を見ながらそれぞれのSS中の車内の様子や、観戦のコツを話していました。このときは勝田さんがボケ、新井さんがツッコミ、鎌田さんがフォローするという立ち回りで会場の笑いを誘っていました。各カテゴリのトークが終わった後は全員集まってのトークに、勝田選手の座右の銘が「カツ丼」になったり、新井選手の老眼が進行していたりと、笑いの絶えない空間のまま前半終了となりました。

東日本大震災で亡くなられた犠牲者への黙祷の後、スバコミのイベント予定の発表後にはイベントの参加者を交えたミニゲームコーナーが開始されました。ドライバー陣はアイサイトばりのアシストで参加者をおもてなし。無事参加者のもとに景品が渡されました。しかしこのとき悲しいアクシデントが。バランスボールに乗ってあっちむいてホイをするコーナーで、正座スタイルで乗ろうとした鎌田選手が足をつってしまったのです。この時はバランスボールに座って続行(ドライバー側は足が地面についた時点で負けだったのですが笑)していました。

RALLY PLUS

最後はスバルグッズと出演者の私物という豪華プレゼントの抽選会から記念撮影と続き、最後は選手と握手して解散というスバリストにとっては濃密な時間となりました。

そんな楽しい「SUBARU 2018 モータースポーツファンミーティング」の様子は、スバル公式チャンネルから公開されています。4時間と長時間なので、お時間がある時にチェックしてみてはいかがでしょうか。

RALLY PLUS