オレカのR4キットマシンとシトロエンC3 R5が0カーとして走行 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

オレカのR4キットマシンとシトロエンC3 R5が0カーとして走行

©ORECA

FIAの単独サプライヤーとしてR4キットを開発中のオレカは、11月23-26日に開催されたフランスラリー選手権最終戦ラリーデュバールに、R4キットを装着したトヨタ・エティオスを0カーとして投入。開発ドライバーのステファン・サラザンがドライバーを務めた。

実戦と同じ環境で初めて走行を行ったR4キットは、性能の確認と細部の最終リファイン、そして新しいR4のポテンシャルを披露することを目的に登場した。23日午後に行われたシェイクダウンに始まり、26日日中のフィニッシュセレモニーに至るまで、大きなトラブルもなく全ステージをクリアし、サラザンとオレカのテクニカルチームは、一定の満足を得たようだ。

「今回のデュバールでは、信頼性の面で何もトラブルはなかった。デュバールは毎年、天気が変わりやすいので、タイヤチョイスが鍵になる。我々にとっては、セットアップの確認を行うことができる絶好のチャンスとなった。パフォーマンス面では、自分たちで設定した範囲の内容を出すことができた。R4キットは、サービスパークでも注目を集めており、マシンから降りてきたステファンもミッションを果たして笑顔だった」とオレカはコメントを寄せている。

そのサラザンは、「ラリーを通して、とても楽しめた。これまでの開発を経て、とてもいい経験になった。これまで行ってきたテストの確証を得るためにも、実戦コンディションでのテストは重要だ。これといったトラブルもなく、マシンはスタートからフィニッシュまで信頼性があった」とコメント。

「R3とR5の間を埋める、最適なマシンになるという確信が得られた。4WDマシンの走らせ方を学びたい若手にとてもいいと思う」

なお、オレカはラリー終了後、テストコースに戻り、今後ドライブが見込まれる若手ドライバーでテストを行っている。オレカがデビュー時からサポートしている19歳のニコラス・シャミンは「とてもうれしい発見だ」とコメント。
「シャシーは素晴らしいし、とても効率的。扱いやすいマシンだ。パワーの割りにエンジンはとてもコントロールしやすい。4WDのドライブにステップアップするいいきっかけになる」

また、このイベントでは、シトロエン・レーシングも開発中のC3 R5を0カーとして投入。ヨアン・ボナートがドライバーを務めている。

CITROEN

RALLY PLUS
RALLY PLUS