車重875kg、875馬力! プジョーが208T16パイクスのスペックを発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

車重875kg、875馬力! プジョーが208T16パイクスのスペックを発表

 

 プジョーは、6月30日に米国コロラド州で開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに出場する“プジョー208T16パイクスピーク”の主要諸元を明らかにした。

 リリースによれば、875馬力のV6ツインターボエンジンをリヤミッドシップに搭載し、車重は875kg、駆動方式は4WD。パワーウエイトレシオ1:1の生み出す加速は0-100km/hを1.8秒、200km/hは4.8秒、最高速の240km/hまでは7秒で到達する。156ものコーナーが待ち受けるパイクスピークにおいては、最高速よりも加速を重視したギヤ比が求められる。

 パイクスピークのスタート地点は2865m。ゴール地点に至っては富士山よりも高い4301mだ。技術的には他のサーキットレースやラリーとは異なる独特の要素が求められる。大気の密度が薄くなる高地においてエンジンのパワーダウンは避けられず、いかなセバスチャン・ローブと言えどパワフルなエンジンがなければ優勝を争うタイムは望めない。

 日々レギュレーションとの戦いに明け暮れるレーシングカーのデザイナーにとっては、パイクスピークの“アンリミテッドクラス”は非常に魅力的に映るようだ。プジョー・スポールのエンジニア、ジャン‐クリストフ・パリアは次のように語っている。

「パイクスピークなら、エンジニアの理想を実現したマシンを設計できる。車重は875kgまで軽量化し、1:1という驚異的なパワーウェイトレシオを実現した。また、意のままのハンドリングを実現するために、マシンの重量配分には細心の注意を払っている。エンジンは、かつての205T16や耐久レース用プロトタイプマシンのように、リアミッドシップに搭載した」

 208T16パイクスピークは、トランスミッションやブレーキ、エアインテークのほか、幅2mのリヤウイングなど、ル・マンを制した908の遺伝子も色濃く受け継いでいるという。すでにテストトラックでの走行も行なっている模様。6月30日の本番に向けて、照準は定まったようだ。

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!