【Martin’s eye】現役ワークスドライバー4人を輩出! イーブン・マネージメントの快挙 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【Martin’s eye】現役ワークスドライバー4人を輩出! イーブン・マネージメントの快挙

©Martin Holmes Rallying

大御所WRCメディア、マーティン・ホームズが、長年の経験に基づく独自の視点で切り込むMartin’s eye。ラリーGBでは育成するドライバー4人すべてがワークスエントリーという誇らしい快挙を果たしたイーブン・マネジメント。オーナーであるエリック・ベイビーに、今後について聞いた。


ノルウェーの企業家、エリック・ベイビーは、開催中のラリーGBで自身が率いるイーブン・マネジメントが育成する4クルーが勢揃いした姿を見て、誇りを感じていた。エサペッカ・ラッピ、ポンタス・ティデマンド、オーレ・クリスチャン・ベイビー、アンドレアス・ミケルセン、4人がすべてワークスドライバーとしてこのイベントを迎えたのだ。

そしてもちろん、一番気にかかるのは自身の息子であるオーレ・クリスチャン・ベイビー。初めてシュコダ・ワークスのドライバーとして、WRC2チームにエントリーを果たした。

ーーオーレ・クリスチャン・ベイビーについて。
「OC(オーレ・クリスチャン・ベイビーの愛称)のラリーGB以降のことについては、まだクリアになっていることは何もないが、期待値は高い。シュコダ・モータースポーツが彼に興味を示していることは、誰もが理解していると思うが、決定権は我々にない。シュコダとは、とてもいい協力関係にあり、何年も一緒に仕事をしている。アンドレアスはシュコダUKで走っていたし、エサペッカもシュコダ出身、ポンタスもだ。シュコダは、イーブン・マネジメントの仕事ぶりを分かってくれていると思うし、OCはシュコダのマシンで参戦しているAPRCで今年活躍している。彼にいい将来が待っていることを願っているよ」

Malaysian Rally

確固としているのは、ベイビーがフィンランドのプライベートチーム、プリントスポーツと協力関係にあること。イーブン・マネジメントのドライバーのマシンを走らせているチームで、拠点はWRCフィンランドのルーヒマキに近い。

ーープリントスポーツとはどんなチームか。
「ここ5年間、プリントスポーツは急成長している。それが最初に如実に表れたのが、エサペッカ・ラッピが入ってきた時だ。プリントスポーツ最大の特徴は、ラリーへの情熱にあふれた勤勉なチームであるということだと思う。特にオーナーのエーロ・ライコネンだ。彼は、すべてのイベントでチームを指揮している。彼の手法は、安価だがプロフェッショナルな方法だ。だから、彼らを気に入っているし、彼らと仕事をしている。エーロ自身もラリードライバーなので、このスポーツのことをよく知っているし、若手ドライバーへの対応もいい。どのように指導するかをよく分かっているし、若手のドライバーの分析方法も分かっている。エーロはOCの成長にも、とても助けてもらっている。まったくのプライベートチームだ。自分たちでマシンを所有し、自分たちでビジネスを運営している。彼らのチームからOCを走らせてもらっているのは、これで3年目。最初の2年はシトロエンでジュニアWRCに、そして今はR5だ」

ーー今年のOCを振り返って、最大の成果は何なのだろうか。 APRCでのリザルト?
「最大のことは、ポーランドで真っ向対決の末にポンタス(ティデマンド)に勝ったことだと思う。高速のラリーで、ポンタスはワークスカー、我々はプライベートのマシンだった。それがOCのブレイクになったと思うよ」

ーーそして、他のドライバーについても。アンドレアス・ミケルセンは、落ち着き先が決まり、ハッピーになったのだろうか。
「アンドレアスは、ヒュンダイでとてもハッピーだ。とてもプロフェッショナルで大きなチーム。施設も整っているし、とてもいいマシンを持っている」

ーーポンタス・ティデマンドは。

SKODA

「彼については、来年どうなるかはまだ固まっていない。来年は、何らかの形で2017年規定のWRカーに乗せてあげたい。チャンピオンになったのに、今後のことが決まっていないのは、フラストレーションがたまるよ! チャンピオンになったからといって自動的に得られるものは何もないが、ポンタスはAPRCチャンピオンになり、ジュニアチャンピオンになり、そして今、WRC2チャンピオンになったんだ。彼にはスキルがあるので、とにかくいい居場所を見つけるために必死の努力を続けるしかない」

ーーそしてラッピ。
「EP(ラッピの愛称)は、将来の世界チャンピオンだと言っていい。彼は、何かが違う。とても決意が固い。彼のドライビングスタイルは、力が入り過ぎずにスマート、コーナーにストレートで入っていく今どきのスタイルだ。彼の性格からしても、とにかく勝ちたい男なのだということが一目で分かるよ」

(Martin Holmes)