世界ラリークロス選手権の2018年暫定カレンダーが発表、北米で初開催へ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界ラリークロス選手権の2018年暫定カレンダーが発表、北米で初開催へ

©FIAWorldrallycross.com

世界ラリークロス選手権は、2018年の暫定開催カレンダーを発表した。12月に行われるワールドモータースポーツカウンシルでの承認をもって確定となる。初の米国開催となるテキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)を含む全12戦で行われる。

2018年の開幕戦は、2年連続となるバルセロナ。シルバーストンに場所を変えての英国戦は、5月末となる。初開催の米国戦は、第10戦として9月末に開催。F1オースチンGPやモトGPの舞台となったサーキットに、ラリークロスコースが特設される。今季は南アフリカでの最終戦を残しているが、2018年も最終戦は南アで行われる。

FIAWorldrallycross.com

■2018年世界ラリークロス選手権 開催カレンダー*
第1戦 スペイン‐バルセロナ 4月14−15日
第2戦 ポルトガル‐モンタレグレ 4月28−29日
第3戦 ベルギー‐メテ 5月12−13日
第4戦 英国‐シルバーストン 5月26−27日
第5戦 ノルウェー‐ヘル 6月9−10日
第6戦 スウェーデン‐ヘリェス 6月30日‐7月1日
第7戦 カナダ‐トロワ・リビエール 8月4−5日
第8戦 フランス‐ロエアック 9月1−2日
第9戦 ラトビア‐リガ 9月15−16日
第10戦 米国‐COTA 9月29−30日
第11戦 ドイツ‐エステリンク 10月13−14日
第12戦 南アフリカ‐ケープタウン 11月24−25日

*FIAの承認待ち

RALLY CARS
RALLY PLUS