全日本ラリー高山:SS2を終えてトップの勝田「問題は午後の“御嶽”ステージ」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー高山:SS2を終えてトップの勝田「問題は午後の“御嶽”ステージ」

©RALLY PLUS

全日本ラリー選手権第8戦第45回 M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2017 Supported by Sammyは、10月14日(土)のSS2までを終えて、勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)が0.7秒差で総合首位に立った。僅差の2番手は福永修/齊田美早子(三菱ランサーエボリューションX)。勝田から8.0秒差の3番手には鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)がつけている。

新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)は、SS1のスタート直後に左フロントタイヤをパンク。そのままの走行を余儀なくされ、40秒以上を失っている。

各クラス上位選手のコメントは次のとおり。

JN6 首位
勝田範彦

「順調に走ることができました。けっこうぬかるんでいて、とても滑りますね。問題は午後の“御嶽”ですね。ここに気持ちをむけて頑張ります」

JN6 2番手
福永 修

「最初はベストを獲れましたが、次がダメダメでしたね。まだスタートしたばかりですし、これからしっかり作戦を考えたいです。タイヤのマネージメントをどうするかです。次は今回のキモの“御嶽”がありますから」

JN6 3番手
鎌田卓麻

「もう少し乾いていると思っていたので、ドライタイヤを入れたんですが、まだ投入が早かったですね。午後は“御嶽”が勝負どころだと思うので、まだまだ諦めずに頑張ります」

JN6 8番手
新井敏弘

「SS1のスタート直後に、左フロントをパンクしました。そのまま走って、40秒のロスで済んだから、まだいいのかもしれません。午後は全開で行くしかないですね」

JN5 首位
大桃大意

「路面も滑るんですが、僕自身がクルマに慣れていないこともあって、まだどのような動きをするのか探っている状態です。R3マシンに手こずっている感じです。セッティングを変えてみて、もうちょっと踏めるようになりたいです」

JN4 首位
石川昌平

「SS1でベストを獲れたので調子は悪くないと思います。モントレー以来のラリーなので、無理をせず、抑えすぎずに頑張ろうと思います」

JN3 首位
天野智之

「ボチボチですね。クラス内では良いんですが、“あたがす”の上りセクションでは86勢に置いていかれてしまいました。少し悔しいです。“御嶽”はタイヤも含めて悩ましいところですね」

(15:20 追記)

JN2 首位
戸塚和幸

「一応ベスト2本獲れたので順調です。コ・ドライバーが早めにノートをコールしてくれたので、それでペースを作れたような気がします。“御嶽”は無理をせずに、このペースを落とさずに走ろうと思っています」

JN1 首位
古川 寛

「久々の舗装路ですが、悪くない走りができました。SS2はオーバーシュートして土壁にぶつかりましたけど、大きな問題はありませんでした。せめてここのラリーでは勝って、須藤さんのタイトルに一矢報いたいですね(笑)」



ラリプラメンバーズ2021