ストーブリーグに注目集まるオジエ「交渉はひとまず中断」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ストーブリーグに注目集まるオジエ「交渉はひとまず中断」

©M-SPORT / @World

2017年のタイトル争いが続く中、2018年に向けての去就が注目される選手権リーダーのセバスチャン・オジエ。契約が2017シーズン限りとなっている現所属先のMスポーツはもちろん、シトロエンも獲得の意思を表明しているほか、スペインでは第3の候補としてヒュンダイの名前も噂されるなど、決定までに時間がかかっている。しかし、そんな外野の喧騒をよそに、オジエは来季に向けての交渉はひとまず中断し、スペイン戦に集中すると断言。その結果によって、交渉が収束につながることを期待しているようだ。

「現時点の段階で決定できればよかったが、誰にとっても簡単な決断ではない」とオジエ。
「どこも、大きなグループやマニュファクチャラーの決断に委ねるので、すぐに決定は出せないので、話し合いが長くなっている。ピンポンのラリーが、予想よりもゆっくり進んでいるという感じかな」

「今週は、いつも以上に重要だと捉えている。ラリーに専念する必要があるし、いいリザルトも出さなくてはならないし、次のタイトルに向けて駒を進めたい。今は、何よりもそれが一番重要だ」

スペインで待ち受けるミックス路面のステージに向けて気合いを入れるオジエは、来年に関しての決定は選手権タイトルの可能性に左右されるだろうと強調した。

「コンペティティブな戦いを続けたい、それが一番の要素だ」とオジエ。
「だから、選択肢を模索している。最もコンペティティブになれるのはどこかを見いださなくてはならない。そのためには、いいマシン、いいスタッフ、目標を達成するための高いモチベーションが必要だ」

Mスポーツの代表、マルコム・ウィルソンも、タイトル争いに専念するというオジエの決断を支持した。
「セブはラリーの前に解決しておきたいと思っていたが、1週間前、我々は話し合いを中断させると決めた。彼は、今回のイベントに専念したいと考えていたからね」とウィルソンはwrc.comに語っている。
「交渉という点では、6週間のブレイクの間には何も変化はなかった。今、彼は選手権を制することに全力を尽くしている」

ウィルソンは、先日発表された世界ラリークロスのプログラムを今年いっぱいで終えるフォードの決断が、オジエ残留の可能性を後押しするかどうかについて語るのは時期尚早だとも語った。
「我々は今でもフォードと定期的に話し合いを持っており、彼らが新しい戦略を推し進めることを視野に入れているのは明らかだが、彼らが世界RXに使っていた投資を今後どう使っていく予定なのか、私に語れることは何もない」

RALLY PLUS