ハミルトン弟とソルベルグJrが世界RXカナダ戦に登場 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ハミルトン弟とソルベルグJrが世界RXカナダ戦に登場

©FIAWorldrallycross.com

F1チャンピオン、ルイス・ハミルトンの弟、ニック・ハミルトンと、WRCと世界ラリークロスのタイトルホルダー、ペター・ソルベルグを父に持つオリバー・ソルベルグが、世界RXカナダ戦で揃って登場することになった。

ニック・ハミルトンは現在、英国でルノー・クリオカップに参戦中で、今回がラリークロス初参戦。フカ・レーシングがプリペアするCanAmマーベリックスX3をドライブする。
「ドライバーに選んでもらえて、とても光栄。世界RXに参戦するのは、ずっと夢だった」とニック。「サーキットレースのドライバーなので、オフロードでドリフトしたり、いつもと違う路面でマシンをコントロールするのが本当に楽しみ」

一方、ジュニアレベルではすでにラリークロスの実績を積んでいるオリバー・ソルベルグは、今季、父ペターがタイトルを獲得したシトロエンDS3スーパーカーでラリーXノルディック選手権に挑んでおり、第2戦スウェーデンでは優勝。15歳になったオリバーは、今季からラトビアでラリーにも挑んでおり、7月23日にフィニッシュしたベロニカラリーでは、2WDクラスで2位に入っている。

オリバーが世界RXカナダ戦でエントリーするのは4WDのカナダ国内戦部門。このイベントにはもちろん、父ペターもPSRXフォルクスワーゲン・スウェーデンからメインイベントに参戦するので、親子参戦も実現することになる。

PSRX

「最高のコースで、あそこに行くのはいつも楽しみ」とオリバー。
「大きなジャンプとグラベルがあるラリーステージのような感じ。いつものマシンとは少し違うけど、最高に楽しくなると思う」

世界ラリークロス・カナダ戦グランプリ・トロワリビエラは、8月4日に市街地のパレードで開幕する。



ラリプラメンバーズ2021