シルクウェイラリー:プジョー勢が3日連続トップ3、ローブが首位に再浮上 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

シルクウェイラリー:プジョー勢が3日連続トップ3、ローブが首位に再浮上

©PEUGEOT

シルクウェイラリーは7月10日、ウファ‐コスタネイ間の876.39kmを走行。うち、セレクティブセクションは329.25km。ロシア国内最後のステージとなったこの日は、ここ2日間のコンディションとは一転、ドライで最高気温は23度。SS距離も長く、最高時速が200km/hに達する高速ステージとなった。

この日は新型マシン、プジョー3008DKR Maxiを駆るセバスチャン・ローブが、今大会2度目のステージウインを獲得。総合首位に再浮上した。前日首位のチームメイト、ステファン・ペテランセルはセカンドベストタイムで総合2位。昨年覇者のシリル・デプレはこの日は4番手タイムだったが、総合3位を維持し、プジョー勢が1-2-3体制を維持している。

新型マシンで総合トップに返り咲いたローブは「トリッキーな一日だったが、僕らは順調だった。3番手からスタートし、50km辺りでシリル、125km付近でステファンをパスして、そこから首位に立った。ナビゲーションが難しいコースだったが、ダニエル(エレナ)もいい仕事をしてくれて、大きなミスはなかった。マシンもパーフェクトだ」

PEUGEOT


X-raidのブライス・メンジースはこの日は12番手タイムに終わったが、総合4位を堅守。トヨタ・ハイラックスで参戦している中国のヨン・チョウがこの日3番手タイムをマークし、総合順位を8位にまで上げている。

SILKWAY RALLY


11日はロシアを出国しカザフスタンへ。コスタネイ‐アスタナ間の908.89kmを走行。うち、セレクティブセクションは373.22kmとなっている。この日は、大きな川沿いを走る地盤の硬い高速ステージが待っている。

シルクウェイラリー 暫定結果(ステージ3終了時点)
1 S.ローブ(プジョー3008DKR Maxi)05:45:34
2 S.ペテランセル(プジョー3008DKR) +03:15
3 C.デプレ(プジョー3008DKR) +17:12
4 B.メンジース(MINIジョン・クーパー・ワークス・ラリー) +38:03
5 C.ラビエール(バイクモーターBJ40L) +41:05

8 Y.チョウ(トヨタ・ハイラックス2017) +1:03:18

RALLY CARS