全日本ラリー洞爺:TGR Vitz CVT、6度のSSベストタイムを獲得し2位フィニッシュ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー洞爺:TGR Vitz CVT、6度のSSベストタイムを獲得し2位フィニッシュ

©TOYOTA

6月30日(金)~7月2日(日)、2017年シーズン全日本ラリー選手権第6戦「2017 ARK ラリー洞爺 Supported by Sammy」が、北海道虻田郡洞爺湖町周辺で行われ、TOYOTA GAZOO Racingの大倉聡/豊田耕司(TGR Vitz CVT)は、JN3クラス2位で完走を果たした。

TGR Vitz CVTにとって初のグラベル(未舗装路)ラリーを前に、チームは入念なテストを敢行、CVTのスポーツ制御をグラベル向けにセッティングしてきた。さらに、前戦モントレーで発生したエンジントラブルへの対応も実施し、ブレーキなどにも新しい改良を施して今戦に臨んだ。

「滑りやすいグラベル路とCVT車両との相性は悪くない」とドライバーの大倉が語るように、ラリー序盤のSS2~SS4まで3連続でJN3クラスのSSベストタイムを記録して、クラス首位に立つ。しかし、続くSS5で右フロントタイヤをパンクし、クラス2番手に順位を落としてしまう。さらにこのパンクの際、TGR Vitz CVTはフロントの足まわりとステアリング系に大きなダメージを負ってしまった。

TOYOTA

ここで、凄腕技能養成部の社員メカニックたちが素晴らしい連携を見せた。この日の最終サービスは45分間。メカニックたちは大規模な修復作業を迅速に終え、制限時間内にパルクフェルメへと送り出すことに成功する。翌日のラリーを無事にスタートした大倉は、チームの期待に応えSS9~SS11まで再び3連続SSベストタイムを記録するスピードを見せ、JN3クラス2位でフィニッシュ。第3戦久万高原ラリー以来となる2位表彰台を獲得した。さらに、デイ2のタイムで首位となり、今シーズン初めてデイポイント3点を獲得した。

豊岡悟志(チーム監督)
「CVT車両にとっては初めてのグラベルラリーとなりましたが、しっかりと力を発揮することができました。残念ながらパンクがあったうえ、足まわりにもダメージがあり、土曜日の午後はペースを抑えて走ることとなりました。それでも合計6回のSSベストタイムを記録しています。これはチームにとって励みになります。未舗装路でのCVT車両の速さが確認できた点も、次のラリー北海道に向けて大きなステップとなりました」

宮本昌司(チーフメカニック)
「色々なことがありましたが、持てる力は発揮できたと思います。メカニックとしては、車両の修復作業などで臨機応変に動くことができました。ただ、メンテナンス性を考えたクルマ作りや、自分たちが使いやすい治具の準備など、新たな課題も見つかりました。次戦のラリー北海道までは2カ月というインターバルがありますが、自分としては短いと考えています。この間に何ができるか、あらためて考え、準備します」

児島星(CVT担当エンジニア)
「初めてのグラベルラリーに向けてテストを行なってきましたが、本番前は少し不安な点もありました。そんな中、6回もSSベストタイムを記録できたことは励みになりました。金曜日のスーパーSSで得たデータを踏まえ、土曜日からの本格的な走行に向けてCVT制御を若干変更しました。大倉選手に聞くと、グラベル路面においてハンドル操作に集中できる効果は非常に大きいようです。次戦のラリー北海道に向けて多くのデータを得ることができたので、しっかりと解析を進め、さらに様々な路面に対応できるCVT制御にしたいと思っています」

大倉聡(ドライバー)
「土曜日の最後のサービスで、チームのメカニックたちが車両をしっかりと直してくれました。そのおかげで日曜日はデイポイント3点を獲得することができ、安心してアタックできるクルマを用意してくれたチームに恩返しができたと思います。今回のラリーを走り切ったことで、未舗装路でのセッティングも決まってきました。同時に新たな課題もいくつか見つかりましたので、次のラリー北海道にはきちんと準備して臨みます」

次戦は、9月15日(金)~17日(日)、北海道帯広市を拠点として開催される全日本ラリー選手権第7戦RALLY HOKKAIDOに出場する。

TOYOTA

2017 ARK ラリー洞爺 JN3クラス最終結果
1. 天野 智之/井上 裕紀子(トヨタ・ヴィッツRS) 1:16:09.2
2. 大倉 聡/豊田 耕司(トヨタ・ヴィッツCVT) +59.3
3. 藤田 幸弘/藤田 彩子(マツダ・デミオ) +2:32.4



ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018