TGR Vitz CVT、モントレーは我慢の走りでクラス4位完走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TGR Vitz CVT、モントレーは我慢の走りでクラス4位完走

©TOYOTA

6月10日〜11日、全日本ラリー選手権第5戦「モントレー2017 in 嬬恋」が、群馬県嬬恋村で行われ、TOYOTA GAZOO Racingの大倉聡/豊田耕司組(TGR Vitz CVT)は、JN3クラス4位で完走を果たした。

モータースポーツの厳しい環境の下で「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的として、2017年はJN3クラスにTGR Vitz CVTで参戦するTOYOTA GAZOO Racing。第4戦若狭では駆動系のトラブルによりラリー続行を断念することとなったが、3週間の短いインターバルの間にも、チームはトラブルの原因究明とクルマの改良に努め、第5戦モントレーへと挑んだ。

「今後の車両開発に向けたデータを取得するためにも、しっかり完走を目指して走ります」と、ラリー前に語っていた大倉だったが、スタート早々にエンジンのパワーダウンに見舞われてしまう。チームはCVTの制御ソフトを変更するなどの対策を施し、大倉はクラス5番手で初日を終えた。ラリー2日目、大倉は依然としてエンジンのパワー不足に悩まされながらも、集中力を切らさずミスのない走行を続け、前日からひとつ順位を上げた4位でフィニッシュした。

トラブルの原因を探る凄腕技能養成部メカニックたち

TOYOTA

宮本昌司(チーフメカニック)
「厳しいラリーとなりました。それでもドライバーの大倉選手が高いモチベーションで最後まで頑張ってクルマを持ち帰ってくれました。今回、CVT担当エンジニアが臨機応変に制御面でカバーしてくれた点は大きかったです。この完走はチーム力で達成できたと思っています」

夏賀悠二(CVT担当エンジニア)
「全体としては不本意なラリーとなりましたが、前回の若狭の結果をもとに織り込んだ改良が、完走に繋がっていると思います。また、レース中の状況を見て柔軟に対応し、チームに貢献することができました。現場で時間のないなか、様々な作業を行ったことは、エンジニアとして大きな経験になりました。貴重なフィードバックも得られたので、しっかりと開発チームに持ち帰りたいと思っています」

左:豊田耕司(コ・ドライバー)、右:大倉聡(ドライバー)

TOYOTA

大倉聡(ドライバー)
「今回発生したエンジントラブルに関しては、何が原因なのか、これからしっかりと調べる必要があると思います。我慢のラリーでしたが、まずは完走出来て良かったです。次戦の洞爺はCVTにとって初めて走るグラベルラリーですが、テスト時のデータ解析も進んでいますし、良い結果が出せるようチーム一丸となって頑張ります」

モントレー2017 in 嬬恋 JN3クラス最終結果
1. 天野 智之/井上 裕紀子(トヨタ・ヴィッツRS) 54:29.5
2. 内藤 学武/小藤 桂一(マツダ・デミオ) +39.4
3. 渡部 哲成/松浦 俊朗(マツダ・デミオ) +1:42.5
4. 大倉 聡/豊田 耕司(トヨタ・ヴィッツCVT) +2:07.8



DiRT4
DiRT4