全日本ラリー洞爺:SS4を終えて鎌田卓麻が総合首位、奴田原を1.8秒リード – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー洞爺:SS4を終えて鎌田卓麻が総合首位、奴田原を1.8秒リード

©RALLY PLUS

全日本ラリー選手権第6戦 2017 ARK ラリー洞爺 Supported by Sammyは、7月1日(土)にデイ1の競技が行われ、午前中に設定された3SSを終えて鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)が1.8秒差の僅差で総合首位に立った。2番手は奴田原文雄/佐藤忠宜(三菱ランサーエボリューションX)。鎌田から7.0秒差の3番手に勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)が続いている。

この日、クラス3番手からスタートした新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)は、SS2のスタートから200m地点のS字コーナーでコースオフ。アウト側のディッチにはまり、デイ離脱を余儀なくされている。

各クラス上位選手のコメントは次のとおり。

JN6 首位 
鎌田卓麻

「SS2は良かったんですが、SS3とSS4はイマイチでしたね。ウエットタイヤの方が良かったかもしれません。初めて走るSSだったので、路面がわからなかったんですが、思ったよりも滑りましたね。午後については、これからタイヤ選択を考えます」

JN6 2番手 
奴田原文雄

「順調に走れています。先頭走者は少し嫌だったんですが、無難に走れたと思います。かなり滑りましたね。砂利も多かったし、走れるラインが限られていて、先頭でグラベルの掃除役という感じでしたね。午後はタイヤも変えて、2ループ目も頑張ります」

JN6 3番手 
勝田範彦

「とにかく砂利がすごくて。僕の段階でもすごく残っていました。SS4はあまり砂利がなかったので、気持ちよく走れましたが……。いま、午後はどのタイヤで走るか悩んでいます。午後はこれから調子が出てくるはずです」

JN5クラス 首位 
川名賢

「本格的な林道ステージをプジョーで初めて走ったので、様子を見ながら走りました。悪くないと思います。クルマは非常にドライブしやすいです。トラクションもよくかかりますし、ブレーキングも安定しています。ステージは所々落ちそうになりましたが、すごく楽しいグラベルラリーです。もう少しタイムアップできるように、午後は鞭を入れて頑張ります」

JN4クラス 首位 
香川秀樹

「酷い道でしたね。かなり滑りやすかったです。ふかふかでトラクションがかかりにくく苦労しました」

JN3クラス 首位 
大倉聡

「少しですが、リードして帰ってこられたのは良かったです。一生懸命走りましたし、道がスリッパリーでかなり難しかったです。きちんとクレバーに走れば、チャンピオンと同じようなタイムで走れます。クルマもすごくいいので、後半は差を広げられたらと思っています。CVTとの相性もいいのかもしれません」

JN2クラス 首位 
石田雅之

「大変な道ですね。滑りやすいというよりは、キツいコーナーが多くてリズムをとるのが難しいです。午後はもう少し走りやすくなっているので頑張ろうと思っています」

JN1クラス 首位 
古川寛

「昨日のSS1はボロボロだったんですが、探り探りながらなんとか走っています。コ・ドライバーからは『落とせ、落とせ』と言われているので、安全なペースで走っています。砂利がどんどん溜まっているので、それに載ってしまうと、アウトに飛び出てしまいます。無理して攻めるのではなく、マージンを取って走った方がタイムが出る気がします」



ワールドラリーカレンダー2019