RXフランス戦2位のペター、Q&A – RALLYPLUS.NET ラリープラス

RXフランス戦2位のペター、Q&A

 

 今季フル参戦に挑んでいるヨーロッパラリークロス選手権のフランス戦で、今季ベストとなる2位に入ったペター・ソルベルグ。セバスチャン・ローブやクリス・ミークが参戦することでも注目を集めた一戦では、ファイナルでリードしていたものの、終盤で失速、同郷ノルウェーの強豪、アンドレアス・バックラッドに勝利は譲ったものの、今季ベストとなる2位フィニッシュを果たした。一方、ローブはセミファイナル敗退、ミークは他車からのヒットを受けたこともあり、セミファイナルへの進出も逃すという結果に終わり、ハイパワーマシンの6台混戦走行で行われるラリークロス競技の難しさも浮き彫りになった。

Q:ファイナルでは優勝目前だったが、何が起きた?
「スタートは最高で、ファイナルでもリードに立っていた。でも、リアタイヤの摩耗がかなりひどくなっていることも把握していた。(会場の)ロエアックの路面は、基本的に舗装なので摩耗しやすいんだ。だからリアが暴れ始めた。その後は、バックラッドの方がグリップしていたから、僕をパスしたってだけのことだ」

Q:2位フィニッシュでうれしいか、優勝を逃して残念か?
「もちろん、このリザルトを獲得できてうれしいよ。僕がマシンを降りた時の写真を見てよ。間違いなく、みんなががんばってくれた賜だ。みんながここにたどり着くまで、どれほどがんばってきてくれたことか。チームとして、これだけのマージンを得るのにこれほど苦労したことはなかったよ。デビューシーズンで勝利を得るのは、とても大変なことだけど、そこにかなり迫った。まったく経験がないところから、自分たちで造りあげたマシンでだよ」

Q:勝利はいつになる?
「今年はあと2戦残っているから、もちろん全力で臨むよ。走る度に自信は高まっている。努力の結果が結びついているからね。勝利も近いと感じている。あとほんの少し、歯車がかみ合えばいいだけだ」

Q:ノルウェー人勢には最高の週末となった
「そうだね、国際的なスタードライバーが集まったし、セバスチャン・ローブとの対決も楽しかったけど、最終的にノルウェー出身のふたりがトップフィニッシュしたんだから面白いよね。アンドレアス(バックラッド)のことは祝福したい。彼は最高の男だし、本当にいい走りをした。そして観客も素晴らしかった。フランスでこんな結果を出せて、本当にうれしいよ。この週末は、ラリークロスがどれだけコンペティティブかを見せることができたと思う」

RALLY CARS
RALLY PLUS