ニカラ/足立さやか組、フィンランド選手権でクラッシュ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ニカラ/足立さやか組、フィンランド選手権でクラッシュ

©Jarno Saari

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにてコ・ドライバーとしてフィンランドラリー選手権に挑戦中の足立さやかが、6月9-10日にコウボラで開催されたフィンランドラリー選手権第5戦OKオートラリーに、ドライバーのヤルコ・ニカラとともにスバルWRX STIで参戦したが、SS1でクラッシュ、リタイアとなった。クルーに怪我はなかった。

11.1kmのこのSS1は朝10時に1号車がスタート。朝からの雨で非常にスリッパリーなコンディションとなっていた。ニカラ/足立組は、下りセクションの先にある橋に時速160kmで進入。ニカラがウェットコンディションの橋でブレーキをかけた際、マシンが止まらずコースオフして転倒してしまった。クルーのスバルWRX STIは、スペクテイターの手を借りて森から移動されたが、フロントにダメージを受けており、リタイアを余儀なくされた。

アクシデントの状況についてニカラは「ブレーキングポイントが、こんなにスリッパリーだとは予想していなかった。アンラッキーもあり、先に走った2WDマシンが橋にヒットしており、欄干が破損していた。自分が、その壊れた欄干にヒットして左にスピンしてしまったのだが、次が右コーナーだったので、コースオフになってしまった」

Jarno Saari

なお、ニカラがクラッシュしたポイントでは、先にテーム・アスンマー(シュコダ・ファビアR5)も転倒しており、直後にニカラのマシンも同じジャンクションでアクシデントに見舞われることとなった。アスンマーとニカラは、それぞれ選手権首位、3位でこのイベントに臨んでいた。
(Jarno Saari)

RALLY PLUS