WRCアルゼンチン:デイ3を終えラトバラが総合5番手に浮上「まだ勝負は終っていない」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン:デイ3を終えラトバラが総合5番手に浮上「まだ勝負は終っていない」

©TOYOTA

4月29日(土)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリーアルゼンチンのデイ3がカルロス・パスを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTの、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ(ヤリスWRC #10号車)は前日よりも順位をひとつ上げ、総合5位に浮上した。また、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム(ヤリスWRC#11号車)も総合7位にポジションアップ。2台揃っての完走に向けて大きく前進した。

デイ3はサービスパークが置かれるカルロス・パスの西北エリアで6本計160kmのSSが行われた。ステージは前日のデイ2と比べてフラットとは言え、まだ荒れた路面も多く、前日に続き多くの選手が車両に大きなダメージを負った。ラトバラはラフな路面を堅実に走り切り、デイ2よりも順位をひとつ上げることに成功。午後のステージではダンパーの破損や、ウォータースプラッシュを通過した際の大きな衝撃でフロントウインドウが割れるなど、いくつかのトラブルはあったが大事には至らなかった。一方、ハンニネンは午前中のSSでパワーダウンの症状が再発。前日にも同様の問題が起こっているが、原因は突き止めてられており、チームは次戦以降に向けて根本的な対策をとるとしている。ハンニネンは前日よりも順位をふたつ上げ、総合7位でデイ3を走り切った。

トミ・マキネン(チーム代表)
「いろいろなことが起きた昨日と比べると、今日は2台とも比較的順調で、過酷なアルゼンチンの道から多くを学ぶことができました。コースは依然として荒れている所が多く、我々のクルマにとっては良いテストの1日となりました。まだまだ改善すべき点は少なくありませんが、このようなラフなコンディションのラリーを戦うのは初めであることを考えると、ここまでのところ良いパフォーマンスを発揮できていると思います。また、選手たちは今日も良い仕事をしてくれました。ヤリ-マティは5位に順位を上げ、ユホは着実に進化するという計画をきちんと遂行しました。明日の最終日も難しいステージが続きますが、我々の目標は2台揃って完走しポイントを獲得することです」

Naoki Kobayashi

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)
「朝の最初のステージは朝日が目に入りとても眩しかったのですが、良いスタートとなりました。2本目のSSは去年アクシデントに遭遇したコースだったので、少し用心深く走り過ぎたかもしれません。全体的に今日のペースは悪くなかったと思いますが、少しタイムを失っているような感じがしました。それが一体なぜなのかはハッキリとは分かりませんが、もしかしたらコーナーで少しアグレッシブに走り過ぎているのかもしれません。とはいえ、依然としてライバルにプレッシャーをかけ続けていますし、まだ勝負は終っていません。明日は最も短い1日ですが、ラリー全体の中でも特に難しいコースを走るので、気を引き締めて臨みます」

TOYOTA

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車)
「クルマの信頼性は総じて高かったと思いますが、今日はハンドリングが少し神経質に感じられ、コントロールに少し苦労しました。とにかく注意して走行し、問題なく最後まで走り切ろうと心に決めていたのですが、それはうまくいき、順位を少し上げることができました。走行終了後、明日の最終日に向けてクルマをより良くしようとエンジニアと話しをしました。クリーンに走るという目標は明日も変わりませんが、できるだけ多くのポイントを獲得したいと思っています」

WRCアルゼンチンSS15終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC2:53:45.7
2ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+11.5
3オット・タナクフォード・フィエスタWRC+26.8
4セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+49.9
5ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+1:24.6
6ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+4:26.7
7ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+9:34.3
8ロレンツォ・ベルテッリフォード・フィエスタWRC+12:10.0
9ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+13:26.8
10ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+13:57.5

チームはFcebook上でこの日のハイライト動画を公開している。

RALLY PLUS