WRCアルゼンチン:コルドバ市街地でのSS1を終えてラトバラが5番手「とても良いフィーリング」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン:コルドバ市街地でのSS1を終えてラトバラが5番手「とても良いフィーリング」

©TOYOTA

4月27日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリーアルゼンチンが開幕した。競技初日はスーパーSS1本がコルドバ市街地の特設コースで行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(トヨタ・ヤリスWRC)が総合5位につけた。一方、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(トヨタ・ヤリスWRC)は、総合10位で初日のショートステージを走り終えた。

今季2戦目のグラベルイベントとなるラリーアルゼンチンは、27日(木)の午前中に、サービスパークが置かれるカルロスパス近郊で行われたシェイクダウンで始まった 。全長約6kmのグラベルコースはかなり荒れていたが、ラトバラはいくつかのセッティングを試し、4回目の走行で全体のトップタイムをマーク。ハンニネンは10番手タイムを記録し、ラリー本番に向けてヤリスWRCの最終調整を終えた。

その後、夜7時過ぎから始まったコルドバ市街地でのスーパーSSは、グラベルとターマックをミックスした全長1.75kmのコース。ここでラトバラが5番手タイムを、ハンニネンが10番手タイムを記録し、TOYOTA GAZOO Racing WRTのクルーは明日からの本格的な戦いに向けて堅実なスタートを切った。

トミ・マキネン(チーム代表)
「アルゼンチンは、これまで常にチャレンジングなイベントでした。おそらく、今シーズンもっとも難しいラリーのひとつだと思います。ですから、ここまでの状況を見ただけでは、この後 どういった展開になるのか予想するのは簡単ではありません。シェイクダウンでヤリ‐マティが最速タイムだったのは素晴らしいことですが、タイム自体にはあまり意味がありません。しかし、シェイクダウンで試したかったことをすべて試すことができたのは、このラリーを戦う上でとても大きな意味があります。明日からのチャレンジに向けて、準備は万端です」

Naoki Kobayashi

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)
「とても良いフィーリングでラリーをスタートすることができました。もう少しだけ速く走れる所もいくつかありましたが、パフォーマンスに関しては十分です。ここまで何も問題はありませんので、明日からの数日間がどのような展開となるのか、とても楽しみです」

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車)
「スーパーSSはとても良いステージで、注意深く走りながらも、少しですが楽しむこともできました 。他のSSと今晩のスーパーSSが大きく異なるのは確かですが、良いスタートとなり満足しています。明日から始まる本格的なグラベルコースでどうなるのか様子を見たいと思いますが、ミスなく走ることが自分の目標です」

WRCアルゼンチンSS1終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC1:53.8
2ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+0.9
3エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+0.9
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+1.6
5ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+2.1
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC+2.4
7ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+2.5
8クリス・ミークシトロエンC3 WRC+2.7
9オット・タナクフォード・フィエスタWRC+3.1
10ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+3.8

チームは、この日のハイライト動画をFacebook上で公開している。



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!