WRCスペイン:デイ3 チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:デイ3 チームコメント

 

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
セバスチャン・オジエ/総合首位
「本当に信じられないラリー、そして素晴らしいシーズンになった。僕らチームはは、WRCタイトルを獲得するにふさわしい。フォルクスワーゲンのチームのひとりであることを心から誇りに思うよ。それにもちろん、このスペインで勝利を獲得したジュリアンと僕自身の仕事についても満足している。先行車が巻き上げるダストの中を走行するのは、視界ゼロの霧の中のような状態だった。フランスでは後半見事に巻き返し、世界チャンピオンらしく締めくくった。このスペインでも、大胆な追い上げを見せることができた。ここでも胸を張って世界チャンピオンだと言えるよ!」

ヤリマティ・ラトバラ/総合2位
「チームのタイトルを心から喜んでいるよ。フォルクスワーゲンは、どのチームよりも今年の世界タイトルを獲得するにふさわしい。ポロR WRCは、紛れもない世界チャンピオンマシンだ。今日は終盤で少しテクニカルなトラブルが出たが、フィニッシュを果たせたし、大差をつけて1-2フィニッシュを決めることができた。ラリーGBに向けても大きな自信になるよ。大好きなラリーだからね、待ち切れないよ」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
ミッコ・ヒルボネン/総合3位
「まず、ダニとカルロスは、ターマックでもグラベルでも素晴らしいラリーを展開してきたのに、本当に残念だ。自分の週末の内容については、かなり満足している。舗装でも上位に留まることができたからね。またポディウムに上がることができてうれしいよ。GBでは、思い切り攻めてシーズンを締めくくるよ」

[カタールWRT]
ティエリー・ヌービル/総合4位
「特に舗装ではもっといい結果を出せたとは思うけど、ヤリマティからは4ポイントしか差を詰められなかったことは重要だ。セッティングを変えてからのパワーステージではベストタイムもマークできたしね。それに僕たちは今日のステージを初めて走行したということも忘れないでおいて欲しい。この週末はベストのパフォーマンスではなかったが、多くを学べたことも確かだし、そういう意味では悪い週末ではなかったね」

[カタールMスポーツWRT]
エフゲニー・ノビコフ/総合5位
「週末の自分のパフォーマンスには、かなり満足している。自信が感じられた時はマキシマムでプッシュしたし、トリッキーなコンディションの時にはクレバーにもなれた。いい戦略だったと思う。いいタイムもマークできたし、目標通りトップ5でフィニッシュできた」

マッズ・オストベルグ/総合6位
「とても満足しているし、安心した。この数ヶ月はかなり厳しい展開だったし、自分のリズムをつかむのに苦労していた。だから、今日は自信を持って速さを見せることができて、本当によかったよ。ドライビングも楽しめたし、速さがあるということも分かった。こんな気持ちになれたのは久しぶりなので、グラベルではトップレベルの走りが取り戻せて本当にうれしい」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ2]
アンドレアス・ミケルセン/SS15でデイリタイア
「フォルクスワーゲンが世界チャンピオンになれて、本当にうれしい。僕も今日はいいパフォーマンスで役に立ちたかったし、今日はグラベルにもすぐに対応できた。タイム表のトップに2回も自分の名前が出たことは、もちろん最高の気分だよ。午後は、ストレートで何かにヒットしてしまい、ステアリングが不安定になってしまった。その後、サスペンションもダメージを受け、最後のSSを走ることができなくなってしまった」

RALLY PLUS