日産ノートが全日本ラリーに初参戦、2度のベストタイムを獲得しクラス4位入賞 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

日産ノートが全日本ラリーに初参戦、2度のベストタイムを獲得しクラス4位入賞

©RALLY PLUS

4月7~9日に佐賀県唐津市で開催された2017年全日本ラリー選手権第2戦「ツール・ド・九州2017 in 唐津 Supported by Sammy」に、プレイドライブ・ラリーチームから伊藤隆晃/大高徹也組(日産ノートNISMO S)が参戦。JN1クラス4位完走を果たした。

ラリーは9日(土)に唐津神社をスタート。伊藤/大高組はオープニングとなるSS1をクラス6番手タイムで慎重に滑り出すと、SS2で5番手タイム、SS3では3番手タイムと徐々にペースをアップ。その後もクラス2~5番手タイムを重ね、初日最後のSS8ではベストタイムを記録した。2日目も大きなトラブルなく走り切り、JN1クラス4位でフィニッシュした。

日産ノートはこれが全日本ラリー選手権初参戦となるが、デビュー戦にして2度のベストタイムを獲得する活躍を見せた。

ドライバー伊藤隆晃のコメント
「クルマのポテンシャルが素晴らしく、マーチからプラス100ccの排気量アップの余裕は確実に感じています。ギャップの走破性の良さも印象的で、安心して攻めることができます。僕にとってもこのクルマにとっても初めてのラリーでしたが、セッティングの方向性は悪くないと思います。これからセットアップを詰めて、表彰台を狙えるように頑張ります」

ツール・ド・九州2017 in 唐津 JN1クラス 最終リザルト

順位ドライバーコ・ドライバー車両名タイム/差
1小川 剛新原 秀直チームO・T・S.ANYHフィット1:03:38.2
2古川 寛池田 孝之スマッシュDLスノコitzzスイフト+3.9
3須藤 浩志新井 正和スマッシュBRIGダイニチYHスイフト+21.9
4伊藤 隆晃大高 徹也プレイドライブYHノートNISMO S+38.1
5三苫 和義小林 剛0side1DLTGレイズWMフィット3+1:57.6
6松原 久和田 善明INDIGO・POWER☆DLデミオ+2:05.9


ワールドラリーカレンダー2021発売中!!