お台場メガウェブにて日産の歴史的ラリー車3台を特別展示 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

お台場メガウェブにて日産の歴史的ラリー車3台を特別展示

©NISSAN

東京都江東区青海のメガウェブ ヒストリーガレージで開催中の「モータースポーツ・ヘリテージ」に、日産のラリー車3台が特別展示される。

展示されるのはオーストラリア一周ラリー「モービルガス・トライアル」でクラス優勝したダットサン1000セダン富士号、1970年第18回東アフリカ・サファリラリーで日本車として初めて総合優勝したブルーバード 1600SSS、翌1971年の同大会で1-2フィニッシュで2連覇を果たしたダットサン240Zの3台。「ラリーの日産」の歴史を紡いだラリーカーだ。期間は3月24日(金)から6月25日(日)まで。

NISSAN

NISSAN


期間中は、1985年サファリラリー優勝車セリカツインカムターボ(TA64)や、MR2をベースとしたグループS試作車(222D)、3世代のセリカGT-Four(ST165、ST185、ST205)、1997年カローラWRカー(プロトタイプ)など、トヨタのラリーカーもこれまで通り展示される。トヨタと日産の貴重な歴史的ラリーカーを同時に見ることのできるチャンスだ。

特別展示車両
ダットサン 1000セダン 富士号(オーストラリア一周ラリー「モービルガス・トライアル」 Aクラス優勝車)
ブルーバード 1600SSS (1970年 第18回東アフリカ・サファリラリー 総合優勝車)
ダットサン 240Z(1971年 第19回東アフリカサファリラリー 優勝車)

また3月27日(月)と28日(火)にはヒストリックカーこども同乗試乗会も行われる。普段はヒストリーガレージに展示されているトヨタ2000GTやフェラーリディノに、中学生以下なら無料で同乗試乗することができる。17時以降であれば、高校生以上でも500円で同乗可能。

モータースポーツヘリテージ 日産ラリー車特別展示 – MEGA WEB
ヒストリックカーこども同乗試乗会 – MEGA WEB



ワールドラリーカレンダー2020