世界ラリークロス選手権、いよいよ今週末開幕! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界ラリークロス選手権、いよいよ今週末開幕!

 

 ラリークロス発祥の英国を中心にヨーロッパ選手権として展開してきたラリークロス選手権が、今年から世界戦に昇格。FIA世界ラリークロス選手権は、5月3日、ポルトガルでいよいよ開幕を迎える。

 世界戦としての幕開けには、世界タイトルの対象となるスーパーカークラス19台を筆頭に、スーパー1600、ツーリングカークラス、サポートのRXライトカップを合わせ、50台以上がエントリーした。この中には、ペター・ソルベルグ、ジャック・ビルヌーブとふたりの世界チャンピオン経験ドライバーも入っている。ソルベルグはシトロエンDS3スーパーカー、ビルヌーブはプジョー208スーパーカーを駆る。また、米国で人気を誇るグローバル・ラリークロス選手権(GRC)で昨年タイトルを勝ち取ったトーマス・ヘイッキネンは、フォルクスワーゲンのワークスチームから世界シリーズに挑む。

 開幕戦の舞台となるのは、ポルトガル北部、スペインとの国境にほど近いモンタレグレ。一周0.945kmのコースだが、各ヒートのうち1回はジョーカーラップと呼ばれるコースを通過しなくてはならず、ジョーカーを通る場合の距離は1.050kmとなる。ラリークロスではミックス路面となり、ポルトガル戦の路面比率は、グラベル40%・舗装60%。進行方向は時計回りとなる。

 5月3日の予選に先駆けて、5月2日午後には、スタート順を決める抽選が行われる。3日には2度目の予選も行われ、4日に残りのヒート、さらにセミファイナル、ファイナルと続き、世界戦初戦の勝者が決まる。

スーパーカークラスのエントリーは次の通り

1 Timur TIMERZYANOV(SWE) Peugeot 208
3 Timmy HANSEN(SWE) Peugeot 208
6 Alexandre THEUIL(FRA) Citroën DS3
11 Petter SOLBERG(NOR) Citroën DS3
12 Alexander HVAAL(NOR) Citroën DS3
13 Andreas BAKKERUD(NOR) Ford Fiesta ST
15 Reinis NITISS(LVA) Ford Fiesta ST
22 Koen PAUWELS(BEL) Ford Focus
21 Bohdan LUDWICZAK(POL) Ford Fiesta
25 Jacques VILLENEUVE(CDN) Peugeot 208
26 Andy SCOTT(GBR) Peugeot 208
33 Liam DORAN(GBR) Citroën DS3
41 Joaquim SANTOS(PRT) Ford Focus
44 Krzysztof SKORUPSKI(POL) Citroën DS3
47 Ramona KARLSSON(SWE) Saab 9-3
54 Jos JANSEN(BEL) Ford Focus
57 Toomas HEIKKINEN(FIN) VW Polo
66 Derek TOHILL(IRL) Citroën DS3
92 Anton MARKLUND(SWE) VW Polo

RALLY CARS
RALLY PLUS