APRCマレーシア:タイトル王手のギルが初日リード、R5相当ミラージュのケトマーが2位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

APRCマレーシア:タイトル王手のギルが初日リード、R5相当ミラージュのケトマーが2位

©APSM.tv

アジアパシフィックラリー選手権第5戦マレーシアラリー(グラベル)が10月28日、マレーシア南部のジョホールバルで開幕。29日にはレグ1に設定された8SSの走行が行われ、2013年以来のAPRCタイトルに王手をかけているガウラブ・ギル(シュコダ・ファビアR5)が初日をトップで折り返した。

例年、マレーシア戦で悩みの種となる雨はこの日、それほど降る事がなく、一日を通してコンディションは比較的ドライとなった。しかし、場所によってはスリッパリーな部分もある上に、熱帯気候の暑さがドライバー達を苦しめた。

マシンの性能面では、ギルにとって最大のライバルとなるのはチームメイトのファビアン・クレイムだったが、そのクレイムはこの日リタイア。選手権争いの上でも、ギルはこのラリーを無難に走り切れば2度目のAPRCタイトルが決まりそうだ。

「トップで初日を終えられてハッピーだが、ラリーはまだ終わっていない」とギル。
「マレーシアはとてもトリッキーだし、いつ何が起きても不思議ではない。このラリーは、お互いに競り合うだけのラリーではない。ラリーそのものにも勝たなくてはならない、そんなイベントだ。油断すると痛い目に遭うから、甘く見てはいけないんだ」

APSM.tv

APSM.tv

一方、クレイムは、SS6でジャンクションをオーバーシュートした後、ギアをリバースに入れた際にギアを破損した模様で、1速しか入らない状態になった。チームMRFはマシンを修復し、レグ2を再スタートする。

Malaysian Rally

Malaysian Rally

クレイムがリタイアしたことで総合2位に上がってきたのは、R5相当仕様の三菱ミラージュでの参戦で注目を集める、ヤリ・ケトマー。ラリー北海道参戦を目指しながら、ロジスティックの調整がつかずに参戦プランをマレーシアに変更しての参戦。スウェーデンのASN規定マシンとしてのカテゴリーでエントリーを果たした。

「素晴らしい結果だが、厳しい一日だった。これまで世界中でラリーに参戦してきたが、今回が一番タフだ」とケトマー。
「マシンには一切トラブルがなかった。スピードはまだ思うように発揮出来ないが、その理由を自分たちでは把握している。改善できる場所も分かったし、すぐに速さを高められるよ」

APRC単独でのリザルトでは、クスコ・レーシングのマイケル・ヤングとサンジェイ・タクル(いずれもスバルWRX STI)がそれぞれ2位、3位につけている。

APSM.tv

APSM.tv

風邪で体調不良の中での参戦となっているヤングは「ロングステージでは、中盤から腕に力が入らなくなってきたし、集中力もなかった。でも、すべて順調に進んでいるし、順位にはとても満足している」とコメント。

併催のアジアカップでは、同じくクスコレーシングの炭山裕矢(WRX STI)で今季初の海外戦に登場。堅実な走りを見せ、パンクに見舞われながらも総合4位、アジアカップ3位につけている。

日本からは、河原誠(三菱ランサーエボリューションVIII)が参戦したが、SS4でリタイアを喫している。

競技最終日となるレグ2は、3SSを2ループする6SSが設定されている。

APRCマレーシアラリー レグ1結果

順位部門ドライバーマシンタイム/差
1APRC/A-CupG.ギルシュコダ・ファビアR51:38:59.6
2 J.ケトマー三菱ミラージュ+4:16.9
3APRC/A-CupM.ヤングスバルWRX STI+7:21.3
4A-Cup炭山裕矢スバルWRX STI+10:18.6
5APRC/A-CupS.タクルスバルWRX STI+15:20.0



RALLY CARS
RALLY CARS