ラリーの振興とグローバル化を目指す日本スーパーラリーシリーズの概要が明らかに – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリーの振興とグローバル化を目指す日本スーパーラリーシリーズの概要が明らかに

 

9月23日、ラリー北海道のセレモニアルスタートの場で、2017年シーズンからスタートする「日本スーパーラリーシリーズ」の概要が発表された。多くの車種による争いを可能とし、これまでになかったイベントとして国内外から注目を集めるシリーズがいよいよ本格的に始動する。

特に注目したいのは参加車両について。様々な車両に門戸を開くという目的のもと、非常に多種多様なマシンが参加できるような工夫がされている。現在WRCの頂点に君臨する1.6リッターのWRカーから、RGTやR1まで、WRCに参加できる車両はすべて参戦することが可能。さらに全日本ラリー選手権に出場しているマシンに加え、『当該年の国際モータースポーツ競技規則付則J項に合致もしくは同等のロールケージを装着した車両』と、これまでの枠にとらわれない車両の参加も可能となっている。現在のラリーでは見られない、予想外のマシンが出てくる可能性に期待したい。

シリーズポイントは、インターラリー出場者には自動的に、全日本ラリー選手権の出場者はスーパーラリーシリーズに登録することで獲得可能となる。また、シリーズ3戦に出場した者のうち上位(1〜3位)のクルーに賞金および副賞の授与を明記した点についても注目したい。金額については今後発表される見込み。また、ギャラリーの投票等を元にした特別賞“スーパーラリーシリーズプライズ”も予定されているというから現地観戦での楽しみも増えそうだ。

開幕戦となるのは2017年2月2〜5日のスノーラリー『Rally of Tsumagoi』。白銀の世界でどのような熱戦が繰り広げられるのか、今後明らかになるエントリー情報などから目が離せない。

発表された詳細は下記のとおり。

—————————————————————–

【日本スーパーラリーシリーズ開催の目的】
・ラリー競技の普及と振興
・参加車両の拡大と、日本におけるラリーのグローバル化
・参加者やファンにとって満足度の高いイベントの実施
・日本のラリー競技の質の向上と発展

【2017年日本スーパーラリーシリーズ開催スケジュール】

Rd.日程名称主催者路面開催地併催イベント
12/2-5Rally of TsumagoiAG.MSC北海道
JAC
スノー群馬東日本ラリー選手権
全日本ラリー選手権(申請中)
26/8-11Montre 2017 in TsumagoiAG.MSC北海道
JAC
ターマック群馬全日本ラリー選手権
39/15-17Rally HokkaidoAG.MSC北海道グラベル北海道APRC
全日本ラリー

※第1戦Rally of Tsumagoiは全日本ラリー選手権との併催イベントとして申請中。

【参加資格】
出場する大会に必要な競技ライセンス取得者。
※本来はFIA国際C(レース除外)ライセンス以上取得者が望ましいが、初年度の2017年は参加者の門戸を広げる方針。

【シリーズ登録】
2017年は、全日本ラリー選手権参加者のうち、希望する者には日本スーパーラリーシリーズへの登録を可能(シリーズポイントが付与される)とする。なお、インターナショナルクラスのシリーズ登録は不要(自動登録)。

【参加車両】
・2017年においては、当該年のFIA世界ラリー選手権の車両規定に合致する車両(RC1、RC2、RGT、RC3、RC4、RC5)。
・2017年においては、当該年のJAFラリー車両規則に適合するラリーRR車両(RR車両)、ラリーRN車両(RN車両)またはラリーRJ車両(RJ車両)。
・2017年においては、当該年の国際モータースポーツ競技規則付則J項に合致もしくは同等のロールケージを装着した車両、または日本モータースポーツ・アソシエイションが出場を認めた車両。
・2017年においては、全日本ラリー選手権に出場し、日本スーパーラリーシリーズに登録する車両には、FIA規定に合致する自動消火器およびキルスイッチの搭載を強く推奨する。なお、キルスイッチは2018年より、自動消火器は2019年より義務付けとする。
・2018年は、2017年の車両規定を含め、新たな参加車両規定を策定する。

【シリーズ賞典】
スーパーラリーシリーズ3戦にエントリーした者のうち、シリーズ上位(1〜3位)のクルーに賞金および副賞を授与。金額および副賞については追って発表します。また、ギャラリーの投票等を元に日本モータースポーツ・アソシエイションが選定する特別賞「スーパーラリーシリーズプライズ」を設定し、最も人気のあった車両またはクルー、イベントの盛り上げに貢献した車両またはクルーに授与します。
・スーパーラリーシリーズ 総合部門賞 1位〜3位
・スーパーラリーシリーズ 2WD部門賞 1位〜3位
・スーパーラリーシリーズ特別賞

【ポイントシステム】
スーパーラリーシリーズ各戦の結果について、次のポイントを付与する。

順位ポイント
総合
ポイント
2WD
1位2525
2位1818
3位1515
4位1212
5位1010
6位88
7位66
8位44
9位22
10位11

スーパーラリーシリーズ各戦のレグごとの結果について、次のポイントを付与する。
※ ポイント付与には各レグがラリー全体のSS距離の30%以上であることが条件。

順位ポイント
総合
ポイント
2WD
1位77
2位66
3位55
4位44
5位33
6位22
7位11

【日本スーパーラリーシリーズ運営組織】
日本スーパーラリーシリーズ発足に伴い、新たな組織を設立します。

名称:日本モータースポーツ・アソシエイション
Japan Motorsport Association

設立趣旨と目的
・ラリー、スピード競技や、参加型モータースポーツの振興、普及、競技会の質の向上を図るために、主催者、プロモーターが統合した組織の必要性を切望する関係者により、新たな統合団体として設立に至りました。
・競技主催者、プロモーター、協賛スポンサー、参加者の連携、協力、調整を図り、競技イベントの活性化、ファンの開拓と満足度の拡充、発展性のあるモータースポーツイベントの実現を目指します。

業務内容
・FIA格式のインターラリー、全日本ラリー選手権のプロモート
・参加型モータースポーツ全般のプロモート
・参加型競技イベントの質の向上を図るための、協力と助言

ワールドラリーカレンダー2019