WRCフィンランド:勝田貴元「将来につなげられる1戦に」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:勝田貴元「将来につなげられる1戦に」

©Naoki Kobayashi

今回が初めてのWRCということはあんまり意識していないです。レッキやシェイクダウンを終えて、自分のフィーリングとしてはフィンランド選手権とかとあまりかわらない感じで臨めてますね。

前戦のエストニアではクラッシュしてしまいましたが、身体は大丈夫です。1日目のクラッシュはペースノートが間違っていたわけではなく、目からくる情報を優先して、いったん踏んだブレーキを緩めてアクセルを踏んでしまった。気づいた時は全然間に合わなかったです。ただ、ノートにもコーションを入れてなかったので、今回は注意してノートを作りました。2日目のクラッシュは完全なブレーキングミスですね。コーナーのイメージも合っていたんですけど、自分が思っているよりスリッパリーでした。

でも、そんなのラリーでは言いわけになりません。自分の感覚でけっこう手前で踏んだつもりだったのですが、マージンが足りなかったんですね。ただ、今の段階でああいうミスをしたのは、自分のなかでも考える材料になりました。この先どこかでいい流れの時にやるよりは、ここで経験できたのは良かったかなとも思います。だから今回は、サーキットのようにすべてのコーナーを限界まで攻めるのではなく、よりマージンをとった走り方でいこうと思っています。

Naoki Kobayashi

Naoki Kobayashi

R5に関しては1戦目はベタ抑え。でもテストも実戦の合間合間にやっているんで、そこでクルマの動かし方がちょっとずつ分かってきた感じです。限界はまだ探れてないですね。乗っていくうちにきっと分かってくるんじゃないかと思います。コーナリング中の限界値がやっぱりR4とは違う。全然不安なく曲がっていけます。ただスピードは高いので注意しないと。エンジンはそんなに違わないんですが、アシと重量が違いますね。そういうのを走りながら分かってきていたんですけど、エストニアではまだまとめきれていなかった。

フィンランド選手権もエストニアのラリーも、それぞれ特徴があって、それぞれ難しい。今回のラリーも、WRCだから難しいというよりは、これがユバスキラのラリーの道なんだなあ、という感じですね。ただし、コ・ドライバーのダニエル(バリット)も言ってましたが、ここはペースノートをつくるのがすごく難しいのは確かです。
「みんな一緒だから、どんなに経験のあるドライバーでもこのWRCは難しい。悩んでるのはお前だけじゃないから心配するな」と言われました。
でもとにかく今回は、クルマに慣れる、道に慣れるというよりも、自分のために全部走り切って、来年、再来年、将来的には5年後に繋げられる1戦にしたいなと思います。フィンランド選手権3戦分という意識で、一日一日成長していきたいです。気負わずいきますよ。



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!